学校での読み聞かせ・1年生(5/30)

しゃしんであそぼ2 しりとりあそび「あか・みどり・き」 (しゃしんであそぼ 2)

星川 ひろ子 / 小学館


おこだでませんように

くすのき しげのり / 小学館



日曜参観のときに、1年生の教室で読み聞かせを行いました。
さすがは1年生!朝早くからたくさんのお父さん・お母さんが見に来ていました。
ちょっと緊張しながら(?)1年生と楽しい時間を過ごしました。

「おこだでませんように」は、
いつもおこられてばかりいる子どもの心を代弁しているかのようで、
先生や親が『はっ!!』とさせられるお話です。
先生が「うちあたいしながら聞いていたよ」とおっしゃっていました。
ちなみに「うちあたいする」とは、うちなーぐちで「心当たりがある」
という意味です。

子どもの心を感じ取れる大人になりたいとおもいならがら、早10数年。
相変わらず怒ってばかりの日々を過ごしています^^;
[PR]

by yuraliya | 2010-06-01 00:16 | 絵本・読み聞かせ