学校での読み聞かせ・6年生(12/6)

シニガミさん

宮西 達也 / えほんの杜


竜のはなし

宮沢 賢治 / 戸田デザイン研究室



先週と先々週は6年生が下級生に読み聞かせを行いました。
なので、私自身の読み聞かせは久しぶりです。

6年生の読み聞かせ、いろいろでしたね~^^;
原稿用紙にお話を書いて、役割分担をしながらしっかり読んでいる子たちもいれば、
前で見ている子どもたちには全然本が見えてない状態で読む子もいれば、
あまった時間でクイズやゲームをする子もいる。
どのクラスでも2週にわたり説明をしたにもかかわらず、こんなに違うのですね。
スムーズに読んでいると、聞いている子も集中していたのですが、
あまりにもひっかかったり聞こえなかったりすると、しばらくは辛抱しても、
だんだん落ち着かなくなってしまいました。

それでも、読み聞かせの楽しさや、話を聞いてもらう難しさを体験したことは、
これから何かの役に立つかもしれませんね。
低学年の子たちは、6年生に読んでもらったことをとても喜んでいたようです。

そして今日の読み聞かせ。
その体験が活きているかなぁ・・・と期待したのですが、
ざわざわとおしゃべりをしたり、自分の好きなことをしたり・・・
私ももっと子どもたちを惹きつけられるよう勉強しないといけません^^
[PR]

by yuraliya | 2010-12-08 01:20 | 絵本・読み聞かせ