充実した日

今日は養護学校へ読み聞かせに行ってきました。
70名ほどの子どもたちと先生を前に、ちょっと緊張してしまいましたが、「とんとんからりとんからり」の大型紙芝居、「りんごがたべたいねずみくん」のパネルシアター、「はらぺこあおむし」の大型絵本を読んできました。
私の担当は「りんごがたべたいねずみくん」なのですが、パネルシアターはいつもそのときの雰囲気でかけあいをしながら楽しんでいます。今日もとても反応がよく、うれしかったです。
この絵本は学校でも人気の本らしく、内容を知っているだけに皆よろこんでくれました。
終わった後にお花のプレゼントをもらい、何人も握手をしにきてくれて、「あ~よかった」と心から思いました。
読み聞かせの後に校長室に通され、ちょっとどきどきしたのですが、とてもお話好きな校長先生で、ずいぶん長い間おしゃべりしてきました。一緒に行った次男は、ソファーで飛び跳ねて遊んでいました(^^;)

うちの子どもたちへの読み聞かせは
「くれよんのくろくん」(童心社)なかやみわ作
「竜のはなし」(戸田デザイン研究所)宮沢賢治 作/戸田幸四郎 画

次男はくろくんの本が大好き。バタバタと家事をしている私をうまいことのせて、本を読ませます。心の中では、「急がないといけないんだけど」と思いながら、なんか読んでしまうのです。
後からとってもあせることになるのですが、ずっとぐずぐず言われるよりは効率的なのかも。

眠くてたまらなくても寝る前には必ず「本読んで」という長男。
今日は途中で寝てしまいました。しばらく手にしていなかった「竜のはなし」を私が読みたくて選びました。とてもいいお話なので、来週の6年生の読み聞かせで読もうかな?
[PR]

by yuraliya | 2004-10-27 22:22 | 絵本・読み聞かせ