子どもの本の学校

先週の土曜日に「子どもの本の学校」の第1講に参加してきました。
今回は図書館司書で、日本子どもの本研究会の代田知子さんの講演でした。
最近の絵本の状況や、どんな本を選んだらいいかなど、楽しくためになるお話でした。

講演会の会場で買った絵本を次男がとても気に入って、今日も読みました。

「りんごがドスーン」(文研出版)多田ヒロシ 作
おおきなおおきなりんごがドスーンと落ちてきて、そのりんごを動物や虫が次々に食べにやってくる。動物たちの表情がとてもかわいくて、見ているほうもとても楽しくなってくる本です。
[PR]

by yuraliya | 2004-12-07 00:39 | 絵本・読み聞かせ