学校での読み聞かせ・6年生(6/25)

富士山うたごよみ (日本傑作絵本シリーズ)

俵 万智 短歌・文 U・G・サトー絵/ 福音館書店


おおきなおおきな木

よこた きよし作 いもとようこ絵 / 金の星社



今日は次男のクラス。
朝次男が何か感じたのか
「お母さん、今日何組?」と、尋ねてきました。
「さ~、何組かねぇ・・」ととぼけておきました。
そんなに嫌がっているふうでもないんだけどね・・・

1冊目は、「富士山世界遺産登録おめでとう」ということで、
『富士山うたごよみ』の紹介をしました。
この本は大勢に読み聞かせするには難しいので、
二十四節季の説明をしながら、絵を見せました。

2冊目は毎年6年生に読んでいる
『おおきなおおきな木』。
これから大きく成長していく6年生への応援メッセージです。
読み進めていくうちに、真剣に聞いてくれているのを感じました。

卒業するまでに何回入れるかな・・・
[PR]

by yuraliya | 2013-06-25 23:29 | 絵本・読み聞かせ