どちらを先に読むか?

夜寝る前に、子どもたちはどちらが先に本を読んでもらうかで争います。
今日は長男の本が長いものだったので、後回しにしたらまたいじけてしまいました。
最初は「もう寝る!」と言っていたのですが、読み始めるとすぐに気を取り直していました。

「ぐりとぐらのうたうた12つき」(福音館書店)なかがわりえこ 作/やまわきゆりこ 絵
「読んで!」と言う割には、すぐにページをめくってしまう次男。この本はよく自分ではながめていますが、読んであげるのは久しぶりでした。
「ぐりとぐら」のシリーズには日本的なものはほとんど出てこないのですが、この絵本の12月のところで、「ぼうねんかい」という言葉が出てきます。ちょっと意外でした。外国でも忘年会ってあるのかな?

「人魚物語」(新風社)久貝徳三
だいぶ前から少しずつ読んでいるのですが、まだ真ん中あたりです。
今は第2章の「生き物の寿命」。竜宮の神様が海の生き物たちの寿命を決める場面です。
今日登場した生き物は「カメのコウラ」と「クジラのセミタロウ」。名前がユニーク。

今日、こどもの本の学校のお便りが届きましたが、次回から子連れでは来ないようにと書いてあり、かなりショック!! 次回は楽しみにしていた藤田浩子さんの講演だったのに・・・・・・。
長時間子どもを置いては行けないので、あきらめるしかありません。 残念。
[PR]

by yuraliya | 2005-04-15 23:14 | 絵本・読み聞かせ