講演会

今日は、私が活動している読み聞かせサークルの10周年記念講演会を行いました。
他校の読み聞かせサークルや市内の学童指導員などたくさんの方が参加してくださいました。
ちょっと残念だったことは、自分たちの学校の父母が少なかったこと。
とってもいいお話が聞けたのに・・・・・・。

まず最初は、落語「さぎとり」の紙芝居。
関西出身のメンバーによる楽しいお話でした。
やはりネイティブな関西人に読んでもらうと、落語の雰囲気が味わえます。

次は、「ぐりとぐら」の3ヶ国語による読み聞かせ。
日本語・英語・中国語でグローバルな感じが出せました。
メンバーの中にアメリカンスクールに通っていた人や、中国からお嫁に来た人がいるので、3ヶ国語の読み聞かせが実現しました。ちょっと時間が長くなってしまったのが反省点です。

それから、大型紙芝居「とんとんからりとんからり」。これは去年作成した沖縄の昔話の紙芝居で、もう何度も実演しているので慣れたものです。

その後、メンバーでもあるフリーアナウンサーの森田弘美さんの講演「読み聞かせから広がる豊かな世界」。
「子どもたちが自分の未来に希望が持てるように、大人がキラキラと輝いて人生を楽しんでいないといけない」という言葉が心に残りました。

私は学校での読み聞かせを始めて2年くらいですが、本当に素晴らしい仲間と出会えたことが何より良かったと思います。
もちろん子どもたちとのふれあいも楽しいですよ!
最初は本を読むのを邪魔していた子が、今では1番前に座ってちゃんと聞いてくれるようになったり、たくさんの子どもたちの成長を見られて、とても充実した日々です。
ずっと続けられたら・・・・・と思っています。
[PR]

by yuraliya | 2005-06-02 23:46 | 絵本・読み聞かせ