学校での読み聞かせ・5年生(12/1)

タンタンタンゴはパパふたり

ジャスティン リチャードソン / ポット出版


月刊 かがくのとも 2008年10月号 ぞうとかぼちゃ

あべ弘士・さく / 福音館書店



今回初めて「タンタンタンゴはパパふたり」を読んでみました。
これは、ニューヨークのセントラルパーク動物園で実際にあったお話。
オスペンギンのロイとシロがカップルとなり、
卵を温め、子どもを育てていくストーリーです。
性的マイノリティの人たちとのお付き合いの中で、
「子どもの頃に、いろんな家族の作り方があるということを聞いておきたかった」
ということをしばしば耳にします。
5年生くらいなら理解できる子もいるんじゃないかと思い、読んでみました。
子どもたちは驚くこともなく、すんなりと受け止めている様子に見えました。

もしセクシャリテイについて悩んだ時に、思い出してくれるといいけどね。
[PR]

by yuraliya | 2015-12-01 17:56 | 絵本・読み聞かせ