学校での読み聞かせ・6年生(1/26)

Zero ゼロ (講談社の翻訳絵本)

キャサリン・オートシ / 講談社


おねしょの かみさま

長谷川 義史 / 学研教育出版



前から読みたかった「Zero」を図書館で見つけたので、
早速6年生に読んでみました。
他の数字のように数えることができず、
自分に自信を持てない「Zero」が、
自分の存在意義に気づき、
自信を持つことができるようになる・・・
子どもたちが自己肯定感を育むことにつながる内容です。
真剣に聞いてくれていました。

2冊目は、週末のイベントに向けての練習も兼ねて(?)
「おねしょは治るときが来るから、心配しないでね」というメッセージも併せて。
[PR]

by yuraliya | 2016-01-27 09:11 | 絵本・読み聞かせ