学校での読み聞かせ・1年生(7/3)

待ちに待った今年度初めての1年生への読み聞かせ。
どんな子たちがいるのかな~と楽しみにしていきました。
見覚えのある子が数名。
みんな前に出てきて座ってくれました。

「ぼく、あぶらぜみ」(得田之久文・たかはしきよし絵・かがくのとも425号)
「これはのみのぴこ」(谷川俊太郎文・和田誠絵・サンリード)
「あらまっ!」(ケイト・ラム文・エイドリアン・ジョンソン絵・石津ちひろ訳・小学館)

梅雨が明けて10日ほど。
学校の校庭でもセミが大合唱をしています。
休み時間ともなるとたくさんの子どもたちがセミ採りに夢中。
この時期にはよく「ぼく、あぶらぜみ」を読みます。
最初に「セミ捕まえた~?」と聞くとみんなそれぞれに言いたいことを言ってくれます。
1年生ならでは楽しい光景です。
絵本を読み始めるとみんな真剣にセミの一生のお話を聞いてくれました。

反応が大きくて1年生は楽しいです!
[PR]

by yuraliya | 2006-07-03 15:15 | 絵本・読み聞かせ