幼稚園での読み聞かせ(10/4)

待ちに待った次男の幼稚園での読み聞かせ!
7月から始まっていたのですが、幼稚園のスケジュールに合わせたりで
なかなか毎週とはいかず、やっと番が回ってきました\(^。^)/

教室の前行くと、すぐに数名の子どもたちがからんできました。
次男の幼稚園は2年保育で、年中組は1クラスだけ。
どのくらいお話に集中できるのかな・・・と思っていましたが、
みんなお行儀よく座っていました。

今日読んだ本は

くろくんとふしぎなともだち
なかやみわ / 童心社



せんろはつづく
竹下 文子 鈴木 まもる / 金の星社



「くろくんとふしぎなともだち」は次男が「これがいい!」と選びました。
ちょっと前にかなりはまっていた本です。
知っている子が何名かいて、その中の1人がすぐに先を言ってしまいそうに・・・。
でもみんな本に集中していて、何か言っていても聞き流しているような感じでした。

乗りものつながりで「せんろはつづく」を読みました。
『やまがあった。どうする?』などという問いかけ形式なのですが、
もっと元気に答えるかと思っていましたが、みんな遠慮がちに言っていました。
ちょっと緊張していたのかな?

絵本の読んだ後に『質問コーナー』があります。
年中さんは『質問』という意味を理解していなくて、
「次男と遊びました」とか「本を読んでくれてありがとうございました」とか、
「次男はいつもおもしろいことを言っています」などといろいろ報告してくれました(^^)
やはり幼稚園生はかわいいですね。
[PR]

by yuraliya | 2006-10-04 20:11 | 絵本・読み聞かせ