学校での読み聞かせ・2年生(12/25)

世の中は冬休みでしょうが、長男の学校は2学期制で、明日まで授業があります。
今日はクリスマス。2年生への読み聞かせなので、サンタのエプロンと帽子で教室へ行くと、子どもたちは大喜び(^^)
「プレゼントは~?」との質問。「プレゼントは楽しいお話よ♪」

ジェイクのクリスマス
葉 祥明 / 自由國民社
イヌのジェイクのところへサンタの国からリトルサンタがやってきた。
でもリトルサンタは「ジェイクにプレゼントをもらいに来たの」
ジェイクがあふれるほど持っているもの。えがお・おもいやり・しんせつ・ゆうき・おおらかさ・のんびりさ・・・
ふくろにジェイクのこころをいっぱいつめて、リトルサンタと一緒に世界中の子どもたちのところへプレゼントを配りに出かけます・・・。

心がほんわか暖かくなるお話を素直に受け入れてくれているようでした。

まねしんぼう
みやにし たつや / / 岩崎書店
「みんな兄弟はいるかな?」と尋ねると「いもうとがいるよ」「おにいちゃんがいるよ」と口々に元気に答えてくれました。
やっぱり2年生はかわいらしい♪
先週同様楽しく聞いてくれていました。

あらまっ!
ケイト ラム文 エイドリアン ジョンソン絵 石津 ちひろ訳 / 小学館
おばあちゃんがパトリックを寝かそうといろいろ準備するのですが、最後のオチが2年生ではすぐには理解できないみたい。
話の途中は盛り上がっているのに、最後は「?」という感じ。
3年生以上は結構最後に反応するんですけどね。学年によって反応が違うっていうのもおもしろい(^^)

クリスマスのちいさな木
e.e.カミングズ詩 クリス・シュラカ作・さくまゆみこ訳 / 光村教育図書
ちいさな木には、ちいさなゆめがありました。どこかとおいとかいにいってクリスマス・ツリーになる、というゆめです・・・。
ちいさな木とちいさな家族が出会って、とうとうちいさな木のゆめがかないます。

「あと1冊読んで!」と嬉しいお願い。クリスマスのお話を取り出すと「どうして最初に読まなかったの?」と聞かれました。
今回持っていった2冊のクリスマスのお話はどちらも静かなお話なので続けては読まなかったのです。(・・・という説明は子どもたちにはしませんでしたが。)
e.e.カミングの詩から生まれた物語。お話もとても詩的で、「ちいさな木」「ちいさなトラック」「ちいさなきしゃ」「ちいさなかぞく」などと「ちいさな・・・」が繰り返し出てきます。
[PR]

by yuraliya | 2006-12-25 15:10 | 絵本・読み聞かせ