学校での読み聞かせ・4年生(5/21)

ねえ、どれが いい?
ジョン・バーニンガム  作 ・ まつかわまゆみ 訳 / 評論社


くものすおやぶん とりものちょう
秋山 あゆ子 作 / 福音館書店


ふつうに学校にいくふつうの日
コリン マクノートン 作 ・ きたむらさとし 絵 ・ 柴田元幸 訳/ 小峰書店



4階の教室は、階段を登ると息が上がってしまいます。
廊下でしばらく息を整えて教室に入ると、みんな静かに読書をしていました。
でも、すぐに本を閉じて私の方を向いて、お話を聞く体勢を作ってくれました。
先週3年生で読んだ「ねえ、どれがいい?」は、ひとつひとつに反応はするものの、やはり3年生に比べると静かに反応していました。(先週のクラスが元気よすぎたかも?)
3冊読む間、みんな集中して聞いてくれたので、とても気持ちがよかった(^^)

夕方道端で会った女の子が「今日は読み聞かせありがと~!」と大声で言ってくれました。
[PR]

by yuraliya | 2007-05-23 23:38 | 絵本・読み聞かせ