学校での読み聞かせ・3年生(7/2)

うみのぼうけん―かいじゅうくんとかえるくん
ローズ インピ 文/ジョナサン アレン 絵/いわきとしゆき 訳 / アスラン書房
「ひゃくにんのおとうさん」(譚小勇・天野祐吉 再話/譚小勇 絵/こどものとも年中向き174号)

教室に行くと、机をがたがたと後ろに寄せて前に集まろうとしている子どもたち。
でも、なかなかみんな座ってくれません。
とても読み始める状態ではなかったので、ちょっとしたゲームをすると、思ったとおり!!
子どもたちが集まってきて、本を読み始めてからも、みんな集中して聞いてくれました^^
聞く態勢を作る努力も必要なんだと、改めて感じました。


「かいじゅうくんとかえるくん」のおはなしは、マイペースなかいじゅうくんと冒険好きなかえるくんのやりとりに突っ込みを入れながら聞いていました。
りびいさんのブログでも紹介されていた「ひゃくにんのおとうさん」
話の流れから、次の展開を予想できるものですが、「こうなるはず」と言いながらも、実際にページをめくって絵を見ると楽しそうに反応してくれました。
[PR]

by yuraliya | 2007-07-03 01:29 | 絵本・読み聞かせ