学校での読み聞かせ・3年生(10/1)

「ひゃくにんのおとうさん」(譚小勇・天野祐吉 再話/譚小勇 絵/こどものとも年中向き174号)
「つきよのキャベツくん」(長新太 作/文研出版)


今日は6年生に入る予定でしたが、3年生へ変更となりました。
「ひゃくにんのおとうさん」を読んだ後、みんな思い思いに
「お金入れたらいいのに!」
「1万円入れたらいくらになる?」などと話が膨らんでいました。
「つきよのキャベツくん」いまいちうけなかったなあ。
この前のクラスはすごく楽しんでくれたけど・・・
[PR]

by yuraliya | 2007-10-03 00:21 | 絵本・読み聞かせ