学校での読み聞かせ・5年生(12/3)

「クリスマスのちいさなおくりもの」(アリスン・アトリー 作 / 上條由美子 訳 / 山内ふじ江 絵 /こどものとも609号)
「ひゃくにんのおとうさん」(譚小勇・天野祐吉 再話 / 譚小勇 絵 / こどものとも年中向き174号)
久しぶりに長男のクラスに入りました。
お休みの人の代役だったので、教室に入った途端に、長男はびっくりした様子!
でも、まだまだ嫌がらないので良かったな♪

クリスマスのお話は静かに進んでいくお話。
でも、みんなどのような展開になるのかとじっと耳を傾けて聞いてくれました。
「ひゃくにんのおとうさん」は、低学年と同様の反応。
ここまで楽しんでくれたらうれしいなあ。

まだまだかわいらしい5年生です。
[PR]

by yuraliya | 2007-12-04 10:49 | 絵本・読み聞かせ