学校での読み聞かせ・4年生(1/21)

「かえるをのんだととさん」(日本の昔話 日野十成 再話/斉藤隆夫 絵/こどものとも574号)
「ひゃくにんのおとうさん(中国の昔話 譚小勇・天野祐吉 再話/譚小勇 絵/こどものとも年中向き174号)


今年初めての読み聞かせ。お正月の話はちょっと時期はずれかと思い、毎年節分の頃に読んでいる「かえるをのんだととさん」を選びました。

おなかがいたくなったととさんがおしょうさまに相談すると、「それははらに虫がおるせいじゃ。かえるをのむとよい」と言われ、そのとおりにかえるを飲み込みました。するとかえるがはらの中でぺたらくたら歩いて気持ちが悪い・・・。また相談すると今度は、へび。そういうことが何度か繰り返され、最後にはとうとう鬼を飲み込んでしまいます。そこで和尚さんの取った行動は・・・。

低学年で読むと大騒ぎになるこの本。ちょっぴりおとなしいクラスだったのですが、くすっとみんな反応していました。

今年もまた読み聞かせがんばろう!!
[PR]

by yuraliya | 2008-01-21 15:17 | 絵本・読み聞かせ