中学校での読み聞かせ

おかあさんのパンツ〈2〉

山岡 ひかる / 絵本館


おおきなおおきな木

よこた きよし 作  いもと ようこ 絵/ 金の星社



長男の通う中学校の家庭科の先生の依頼で、読み聞かせに入りました。
2年生が家庭科の保育の単元で絵本を作成するために、
題材収集と読み聞かせの方法を教えてほしいとのことでした。

授業なので、全8クラス、2時間ずつという少々ハードスケジュールです。
絵本、紙芝居、パネルシアター、大型絵本、手遊び・・・
いろいろやってもなかなか2時間(100分ですが)というのは難しいです。
でも、中学生も素直に反応してくれて、とても楽しくできました。

「おかあさんのパンツ」は、中学生が絵本を作る時に参考になるかな~と思い選びました。
予想通り、本のタイトルを見ただけで喜んで(?)いました。

「おおきなおおきな木」は、内容がとても良く、中学生にぜひ聞かせたい本なので選びました。
私のつたない文では、お話の良さが伝わらないような気がしますので、
ぜひ↑をクリックして、内容を見てみてください。

あと5クラス残っていますが、それぞれのクラスにカラーがあり、
次はどんなクラスかな~と楽しみです。
[PR]

by yuraliya | 2009-06-04 22:23 | 絵本・読み聞かせ