学校での読み聞かせ・4年生(11/9)

カンスケとあかいはっぱ

東田 直樹 作・唐沢 睦子 絵 交通新聞社


給食番長 (cub label)

よしなが こうたく / 長崎出版



月曜日は祝日や代休でお休みになることが多く、久しぶりの読み聞かせでした。

沖縄は最近また暑くなって、あまり秋を感じることができないのですが、
せめて絵本の中だけでも秋を感じてもらおうと「カンスケとあかいはっぱ」を読みました。
機関車のカンスケが、散っていく葉っぱを心配して、悲しい気分で秋を迎えているとき、
赤い葉っぱから「これからがぼくたちのほんとうの仕事が始まるのさ」と
教えてもらうというストーリーです。
優しい気持ちになれる1冊です。

「給食番長」は今回も博多弁で読みました。
意外と博多が福岡にあることを知らない子が多いようです。
耳慣れない言葉に一生懸命耳を傾けてくれていました。
[PR]

by yuraliya | 2009-11-11 16:23 | 絵本・読み聞かせ