ゴンダールのやさしい光

ゴンダールのやさしい光
みなみ ななみ 日本国際飢餓対策機構 葉 祥明 / 自由国民社

今日は演劇空間「大地」による舞台「ゴンダールのやさしい光」を観てきました。
主宰の照屋京子さんからは事前にゴンダールの旅のお話を聞いていて、今回どんなお芝居になるのだろうと楽しみにしていました。絵本とは少しストーリーが変わっていましたが、子どもたちにも飢餓の状況が分かりやすい内容となっていました。私は、途中で何度も涙が出てきました。

エチオピアの中でもゴンダールは、標高が高く作物はあまりとれず食糧支援に頼っているところ。子どもたちは幻覚によって小石までも食べてしまうという状況がある。食糧が配給される日はたくさんの人々が集まってくる。ゴンダールに行けば食べるものがもらえると聞いた二人の子どもが、何日もかけてゴンダールにやってきた。しかし、兵隊は「これはゴンダールの人たちのものだ」と銃を突きつけ追い返してしまう。その子どもたちに「自分が分けてもらってうれしかったから」と、家族の大事な食糧を分けてあげるおじさんがいた。
一方、エチオピアの中には、NGOのプロジェクトのおかげで復興を遂げた町もある。そこの町の人たちは、「自分たちは乞食じゃない!働いて食糧を収穫できることがうれしい。そして今度は自分たちがもっと困っている人を助けていきたい」と思っている。

このような愛のリレーションシップが今回のお芝居になっていました。

その感動を、今日観にいけなかった長男に伝えたくて、この絵本を読みました。
飽食の国に生まれ育って、食べる物がないという状況がまだきちんとは理解できないようですが、繰り返し読んでいくことで心に届くのではないかと期待しています。
このお芝居をぜひ学校でもやってもらいたいと願っています。
[PR]

by yuraliya | 2005-02-27 22:35 | 絵本・読み聞かせ

こどもの本の学校

今日は「こどもの本の学校」の2講目に行ってきました。
今日の講師は写真絵本作家の「星川ひろ子」さん。
スライドを交えながら、楽しいお話を聞かせてくださいました。

1つのもの・ひとりの人を長い時間をかけて取材し、丁寧な絵本づくりをされているなあと思いました。

しょうたとなっとう
星川 ひろ子 小泉 武夫 星川 治雄 / ポプラ社

表紙のごはんの上になっとうがのっている写真が、とてもおいしそう!
おじいちゃんとしょうたが、大豆作りからはじめ、最終的には納豆を作ります。
最初はしょうたは納豆がだいきらいだったのですが、そのエピソードにこどもたちは大爆笑。
おじいちゃんがしょうたのために作ってくれた納豆を勇気を出して食べる場面も、こどもたちは喜んでいました。

みえないってどんなこと?
星川 ひろ子 / 岩崎書店

星川さんの長男が重度の障害を持っていることもあって、障害をテーマにした本もたくさん作っておられます。
この本は視覚障害をもっためぐみさんと出会ったこどもたちが、実際にアイマスクをつけて目が見えないってどんなことだろうと体験していくお話です。
目が見てなくても、さわったり、においをかいだり、あじわったりして感じることができるということがわかっていきます。
生活の中のさまざまな工夫(テレフォンカードやシャンプーや点字ブロックetc...)には、うちのこどもたちも、納得したり、「今度確認してみよう」と言ったりしていました。

講演の中で、「障害のあるなしにかかわらず、人にはそれぞれ持ち味がある」と話されました。障害者と歩み寄らなければ、決して気づくことのできないことがたくさんあるんだろうな。
以前養護学校に読み聞かせに行ったときに、たくさんの感動をもらったことを思い出しました。

長男の希望で以下の2冊も買ってしまいました。

ライオンのながいいちにち
あべ 弘士 / 佼成出版社

あべ弘士さんの絵は私も好きです。どこかユーモラスだけど、自然のスケールの大きさが伝わってくる絵だと思います。
のんびりやのライオンのおとうさんが、おかあさんたちが狩りの会議をしているときに、こどもたちを散歩につれていきます。このおとうさんは俳句が趣味のようで、散歩の途中でも俳句を作り、自分でほめたりしています。散歩の帰り道、ライオンのいちばんのごちそうであるヌーの大群が道を横切っていきますが、あまりの数で夜になるまでとうせんぼされてしまいました。最後の一言がわたしは特に気に入りました。―うーむ、くいきれん。

とかいのネズミといなかのネズミ
ケイト サマーズ まつかわ まゆみ マギー ニーン / 評論社

イソップ童話の「まちのねずみといなかのねずみ」は以前図書館で借りて読みましたが、この本のネズミたちはメスで、いなかのネズミのおうちはカントリー調、とかいのネズミのおうちはドールハウスのようなおうちで、とてもかわいらしいです。長男がこのような本を選ぶのはとても意外だったのですが、タッチは優しいけれど細部まで描かれた絵に惹かれたのかもしれません。
[PR]

by yuraliya | 2005-02-19 23:48 | 絵本・読み聞かせ

今日は1冊だけ

今日はめずらしく長男が選んだ本だけで次男も満足していました。
9時に寝かせようとしたら、1冊しか読めなかったのです。

「わたしぶね」(福音館書店)林原玉枝 文/野村誠司 絵

かがくのとも3月号
この本が来てから長男は何度も読んでと持ってきます。
わたしぶねという存在を初めて知って、とても興味を持ったようです。
のんびりとしたお話と、暖かい絵がとても素敵。
尾道が舞台となっているようです。
[PR]

by yuraliya | 2005-02-17 22:21 | 絵本・読み聞かせ

頑張った長男

今日は長男の野球の試合でした。
初めて大会で先発ピッチャーをしました。
大きい子相手にとっても頑張っていました。負けてしまったけれど、自分なりに納得できていたようです。まだまだ2年生。次がある!

a0025922_22503125.jpg


応援で疲れて次男は早く寝てしまったので、長男だけに読み聞かせしました。

「たまごから生まれた太陽の子」(うすく村出版)當山 忠 文/真喜屋 昇 絵
沖縄の来間島の昔話で、たまごから生まれた3人の男の子が、来間島の人々を襲う大きな赤牛と勇敢に戦うというお話。
ところどころ方言が使ってあるので、読むのが難しいのですが、さらに方言が分からない長男はどのくらい理解できたのでしょう?わからないことはすぐ聞くから、だいたいわかったのかな?
家でおじいちゃん、おばあちゃんが方言を使わないうちの子は、沖縄の子といえども方言が分からないのです。内地出身の私よりも・・・。
[PR]

by yuraliya | 2005-02-12 22:50 | 絵本・読み聞かせ

せきをしているので・・・

今日は次男がセキをしていたので、暴れさせないように本を読みました。

「おさるのジョージえいがをみる」
「おさるのジョージスキーをする」(岩波書店)M.&H.A.レイ 原作/福本友美子 訳

今日もジョージの本を持ってきました。今日は静かに聞いていました。何度も読んでいる本だと、もうあまり質問することがなくなったのかな?
結局、本を読んだあとは部屋の中を走り回っていました。苦しそうなのに。

おばあちゃんからお見舞いに何か買ってきて欲しいものはあるかと聞かれ、「マグロの刺身」と即答。まったくこの3歳児は!!
[PR]

by yuraliya | 2005-02-08 17:26 | 絵本・読み聞かせ

はらぺこあおむし

「はらぺこあおむし」(偕成社)エリック・カール 作/もしひさし 訳

この前、はらぺこあおむしのパズルを見つけて買いました。
そのパズルには、あおむしが食べたものの絵がすべて描かれています。
絵本を読むようにパズルを完成させていけるのが、とても楽しいようです。
昨日、次男は一人で「はらぺこあおむし」を声に出して読んでいました。
文章を覚えていないところはゆっくりゆっくり字を読んでいましたが、覚えているところはちゃんと感情をこめて読んでいました。いろんな食べ物が出てくる「どようび」がいちばん好きなようです。
[PR]

by yuraliya | 2005-02-03 08:59 | 絵本・読み聞かせ