台風

台風の影響で、風雨が強まってきました。
今回は直撃ではないので、ベランダもそのままにしてあります。
去年は何度ベランダのものを家の中へ運んだことやら・・・・・・。
夏休みの最終日が雨で終わるといやだなあ。
[PR]

by yuraliya | 2005-08-31 01:06 | 沖縄

お父さんの読み聞かせ

私がバタバタしていたら、夫が子どもたちに読み聞かせしていてくれました。

「さかだちぎつね」槇ひろし 作・前川欣三 画(こどものとも575号)
「まじょのふるどうぐや」佐々木マキ(こどものとも566号)

途中何度も寝てしまって、子どもたちに急かされながらなんとか最後まで読み終えました。
お父さんに読んでもらうのも楽しみなようです。
[PR]

by yuraliya | 2005-08-27 23:40 | 絵本・読み聞かせ

沖縄のへぇ~

沖縄の人は、ゴミのことを「チリ」と言います。
「チリ箱」「チリ捨て」はまだ分かるのですが、ある日新聞の求人欄に「チリ収集車作業員募集」と書いてあったのには驚きました(@@)
[PR]

by yuraliya | 2005-08-27 00:41 | 沖縄

プレゼント作り

a0025922_2313280.jpga0025922_2310209.jpg










明日は義姉の誕生日。いつも出張の度に子どもたちにたくさんお土産を買ってきてくれるやさしい義姉に、誕生日のプレゼントを作りました。
いつもはビーズのキットを買ってきて作っていたのですが、近くのお店で取り扱いしなくなったため、今回は路線変更。
ワイヤーでアクセサリースタンドを作りました。これは長男と私の合作。
ちょっと派手なビーズの指輪は、長男オリジナル。
ブレスレットは次男の作品です。
[PR]

by yuraliya | 2005-08-25 23:16 | 夏休み

出張読み聞かせ

久しぶりに読み聞かせに行ってきました。
今日は車で30分ほどのところにある、子育て支援センター。
夏休みということで、小さい子連れの親子より、学童クラブの子がたくさんいました。

今日のプログラムは
「おおきくなあれ」 紙芝居
「はらぺこあおむし」 大型絵本
「てぶくろ」 ペープサート
「トマト」 パネルシアター
「りんごが食べたいねずみくん」 パネルシアター
「腹話術」

私の担当は、「はらぺこあおむし」のあおむしを本の穴に通す役、「てぶくろ」で人形を動かす役、何度もやっている「りんごが食べたいねずみくん」
小学校低学年の子が多く、みんなのってきてくれたので、とっても盛り上がりました。
1時間ほどと、読み聞かせにしては長時間だったのですが、みんな最後まで楽しんでくれました。

ここのセンターの先生がとても素敵な方でした。こういう出会いがあるから、いろんなところで読み聞かせをするのは、楽しさが倍増です。
[PR]

by yuraliya | 2005-08-24 23:58 | 絵本・読み聞かせ

モスラ

夏休みの間、カイコの世話に明け暮れている我が家ですが、せっかくなので(?)「モスラ」のDVDを借りてきました。
「モスラ~ヤモスラ~♪」の歌は聞いたことがあるのですが、私も映画は見たことがありませんでした。
途中次男が退屈しだしたのですが、傍にカイコを持ってくると、見比べながら楽しんでいました。

何年前の作品なんだろう?
東京タワーの回りが、ほとんど民家だったんだけど。
[PR]

by yuraliya | 2005-08-22 23:46 | こどものこと

誕生日

今日は次男の4歳の誕生日。
プレゼントは前々から欲しがっていた「トミカ自動車工場」
かなり大きなものですが、ずいぶん前から「4歳の誕生日プレゼントはこれ!」と自分で決めていました。
ラッキーなことに、トミカ35周年ということで、DVDまでついていました。
これにも大喜び。すっかりはまってしまいそうです。
長男は小さいとき車にほとんど興味をしめしませんでした。幼稚園の頃、車に詳しいお友達がいろいろな車種の名前を言っていたのですが、長男は「ぼくのうちの車は白!!」と自信満々に言っておりました。
兄弟でも全然好みが違うようです。

ウークイのため誕生日パーティはできず、バタバタしていたせいで写真さえ撮らずじまい。
これが次男の運命(?)ごめんね~。
[PR]

by yuraliya | 2005-08-19 23:24 | こどものこと

お盆

沖縄では旧暦で行事を行うことが多く、お盆もその中のひとつです。
今年は8/17がウンケー(精霊迎え)で19日がウークイ(精霊送り)でした。
提灯を灯したり、お供えをしたりというのは本土と同じですが、お坊さんが忙しそうにバイクで走り回ったりする姿は見られません。
お盆の間は、あちこちからエイサーの太鼓の音が聞こえてきます。今では全国的に有名になったエイサーも、本来はお盆に踊るものなのです。(そのことはエイサーガーエー―おきなわのえほんに書かれています。)

今日はウークイでしたが、どのようなことをするかというと(家によって違うと思いますが)
親戚が集まって、夜にご先祖様をあの世へお送りする儀式があります。
みんなでお線香をあげ、ウチカビ(あの世のお金)を燃やし、お供えやお花といっしょに家の外に置いておくのです。
あまり早々と送り返してはいけないと、夜12時近くに行います。(時間は家によって全然ちがいます)

去年の記憶がない次男は、次から次へと質問していました。

ウークイの後は、12時を回っているにもかかわらず、道路は渋滞しているのです・・・・・・。
[PR]

by yuraliya | 2005-08-19 23:06 | 沖縄

おとなしくするために

しろいうさぎとくろいうさぎ
ガース・ウイリアムズ 作  まつおか きょうこ 訳/ 福音館書店
長男が夏バテ気味で、野球の練習をお休みしました。
お昼寝をさせようと思って本を読んでいましたが、いつものとおり私だけが眠ってしまいました。
体調が悪いせいか、長男は優しいお話を選んできました。
普段は「好きな子いないの?」なんて聞くと「いるわけない!」とぶっきらぼうに答える長男ですが、愛についてのお話も、絵本なら素直に受け入れられるようです。

ロバのシルベスターとまほうのこいし
ウィリアム・スタイグ 作  せた ていじ 訳/ 評論社
以前おもしろいと聞いていた絵本ですが、学校の図書館で見つけたので早速借りてきました。
ストーリーはもちろん面白いのですが、それに合わせて登場する動物たちの表情がよく描かれているなあと思いました。
食べようと思っていたロバの子が突然岩になってしまったときのライオンのまぬけな表情、子どもがいなくなってしまって心配しているおとうさんおかあさんの表情、やっと再会できたときの家族の喜びの表情。絵本の見ている子どもたちが、同じような表情になっていきました。

長男は、高熱があるわけではなかったので、おとなしくしているのが苦痛のようでした。「野球に行ったほうが楽だ~!」となげいていました。
明日は元気に過ごせますように。
[PR]

by yuraliya | 2005-08-16 23:22 | 絵本・読み聞かせ

リゾート~♪

a0025922_025592.jpgこの夏、やっと海に泳ぎに行きました。
日帰りだったけど、ちょっと足を伸ばして、『伊計島大泊ビーチ』まで行きました。
初めての場所でしたが、あまり有名なビーチではないので、人もあまり多くなくよかったです。
なんと、魚と一緒に泳げるのです!!シュノーケルもOKのビーチで、みんな楽しんでいました。私はシュノーケルでおぼれてしまうタイプの人間だと自覚しているので、チャレンジしませんでした。でも、顔をつけなくても魚が見えるくらい水が透き通っていて、ゴーグルだけでも充分楽しめました。
白黒の魚(多分ミスジリュウキュウスズメダイかヨスジリュウキュウスズメダイ)や、青と黒のしましまの魚、黒い魚・・・・・・、水族館みたい。今度行くときは防水カメラを持って行こうと思いました。

ビーチの人たちも親切で、おばさんは子どもの名前を聞いて姓名判断をしてくれたり、お兄さんは帰るときに、車が見えなくなるまで手を振っていてくれたりしました。

本当は日中は泳がないほうがいいのですが、日帰りなのでしかたない。ものすご~く日焼けしたのはいうまでもありません。
[PR]

by yuraliya | 2005-08-12 23:23 | 夏休み