ミュージカルから生まれた絵本

a0025922_037965.jpg「とんねるガジュマル」
てふてふP 原作/西村由紀子 文/土橋優佳 絵/佐敷町教育委員会 発行
11月に沖縄県佐敷町で行われる町民ミュージカル「とんねるガジュマル物語」を基にした絵本です。
町に実在した「とんねるガジュマル」の樹が舞台となっています。この樹は残念ながら2002年に台風でなぎたおされてしまったそうです。

200年くらい昔の話。佐敷の村の小谷(おこく)の森に大きなガジュマルの木がありました。
この木には鬼とマジムン(魔物)が閉じ込められているという言い伝えがありました。
この森のはずれに竹細工の名人、徳仁という人が住んでいました。ある日北の村のジラーという若者が徳仁の弟子になろうとやってきました。しかし、この村では、よそ者はわざわいをよぶと言われているため、村に受け入れてもらうことができませんでした。
しかし、村長の娘チルーは、ジラーを森へかくすことにしました。チルーはジラーを徳仁に会わせ、徳仁は村人たちにないしょでジラーを弟子にすることにしました。
妹の様子がおかしいことに気づいた兄のマチューは、チルーのあとをつけ、二人が会っているところを目撃しました。「大きなガジュマルの上で月見をしよう」と話をしているのを聞き、マチューはガジュマルへ先回りしました。そして、ガジュマルのまもりづなを切り、ジラーのせいにしようと考えました。マチューがまもりづなを切ったとたん、ガジュマルの木が二つに割れ、鬼とマジムンがとび出してきました。鬼とマジムンは村で大暴れ。何人もの村人が死んでしまいました。
ジラーと徳仁は竹で鳳凰を作り、鳳凰の奇跡で村を救おうとしました。出来上がった鳳凰は、体中から光を放ち、鬼たちを動けなくしました。鳳凰が鬼の背中から2本のガジュマルの枝を抜き取り、それをジラーとチルーに渡し、この枝を植えるように言いました。
二人がこの枝を植えると、鬼とマジムンは枝の根元へと吸い込まれていきました。
村が救われると村人たちは「いったいだれがまもりづなを切ったのだろう」と疑問に思いました。
この村にマチューは必要だと考えたジラーは、「切ったのは私です」とマチューをかばってさけびました。村人たちは怒り狂ってジラーを村から追い出しました。
「一緒に村を出て行く」というチルーにジラーは、「あの2本のガジュマルを守っておくれ」と一人で出ていってしまいました。
チルーが死ぬまで守り抜いたガジュマルは大きく育ち、「とんねるガジュマル」と呼ばれるようになりました。手を取りあうように枝をからませ、よりそって立っていたとんねるガジュマルは、200年もの間、村を見守り続けました。
[PR]

by yuraliya | 2005-10-29 01:16 | 絵本・読み聞かせ

狂い咲き

a0025922_03649.jpgここ数日沖縄にしては寒い日が続いたので、冬になったと勘違いしたのでしょうか、桜が咲いていました!
沖縄ではソメイヨシノではなく、1月から2月にかけてこのカンヒザクラが咲きます。
桜はやっぱりソメイヨシノがいい!って思っていたのですが、年中木々が青々としている沖縄にはソメイヨシノの淡い色は似合わないようです。
周りの風景に負けないこの濃いピンクの桜でないと、咲いていることさえ気づかれないかもしれません。
植物も生まれるべきところを知っているのですね。
[PR]

by yuraliya | 2005-10-25 20:03 | 沖縄

中学生の読み聞かせ

昨日中学校の運動会だったので、今日は中学生はお休み。
ということで、中学生が小学校の読み聞かせに入ってくれました。
女の子が13名もいると、にぎやかにぎやか。
残念ながら私は他のクラスの読み聞かせに入ったので、その様子を見ることはできなかったのですが、みんな楽しかったと言っていました。
中学校へ行ったときは、なんだか不安な気持ちになってしまったのですが、楽しそうにしている中学生を見ると安心しました。
この日、中学3年生による「ウォーターボーイズ」も、学校のプールで披露されたそうです。
自分たちで企画して練習してきたようです。
中学生もちゃんと頑張っているんだなと思いました(^^)
[PR]

by yuraliya | 2005-10-23 23:55 | 絵本・読み聞かせ

車の本

くるまはいくつ?
渡辺 茂男 文・ 堀内 誠一 絵 / 福音館書店
夜寝るときに次男が選んできました。とにかく車の本が好き。何度読んでも飽きないみたい。
さっさと寝る準備をしなかった長男には今日は本をおあずけ。でも、次男に読んでいるのをちゃんと聞いていました。
本を読んでもらわないと落ち着いて眠れないようです。まだまだかわいいなあ。
[PR]

by yuraliya | 2005-10-23 23:50 | 絵本・読み聞かせ

大砲?

沖縄では、今でもよく戦時中の不発弾が発見され、新聞に「不発弾処理」の避難勧告が載っています。
今日の新聞にも載っていたのですが、その話をしていたら、次男が
「もっとおおきなたいほうを」(こどものとも572号)を持ってきました。
大人の会話をよく聞いていて、話題に合った本を思いつくといつも探し出してくるのです。
たくさんある絵本の中からぴったりのものを選んでくるので、我が子ながら感心してしまいます。
本の内容はこちら
[PR]

by yuraliya | 2005-10-22 23:47 | 絵本・読み聞かせ

一仕事終えて

「童話・お話大会学年代表選出大会」がなんとか終わりました。
こんなに大変なものだったの?と思うくらい大変でした。
一生懸命頑張る子どもたちはとてもかわいらしかったのですが、いろんなことがあって・・・・・・。
夏休み前から協力依頼していたのに、締め切りまでにクラス代表は決まっていないし、当日大会が始まるときに突然代表になったという子が来ていたり、大会の日を知らずに原稿を家においてきた子がいたり・・・・・・。トラブル続出です。
役員のほうはなんとか対応ができたのですが、当日になって代表にさせられた子はとてもかわいそう。心の準備も練習時間もなく、いやな思い出しか残らなかったんじゃないかと思います。
運動会前で忙しいのは分かるんだけど・・・・・・。

学校代表を選ぶときは、こんなトラブルはないと思うんですが、何かと心配です。

学年代表になった子どもたち、次も頑張れ~(^。^)V
[PR]

by yuraliya | 2005-10-21 23:32 | 日々の出来事

中学校での読み聞かせⅡ

また中学校へ読み聞かせに行ってきました。
今回も「どうぶつさいばん ライオンのしごと」を読んできました。
学年主任の先生はしきりに「生徒が落ち着きがない」とおっしゃるのですが、読み聞かせの間はちゃんと聞いてくれています。
運動会の練習でも、1年生だけがざわざわして砂遊びなんかしているという話ですが、なぜなんでしょう?先生の口から出るのは生徒の悪い話ばかり。将来ここの中学校へ自分の子どもも入るのですが、なんだか希望が持てない・・・・・・という印象を受けてしまいました。
こうやって小学校の読み聞かせサークルに助けを求めるくらい切羽詰まった状況なのかもしれないけれど、気持ちよく読み聞かせしたあとにそういう話ばかり聞くと悲しくなってしまいます(T_T)
私たちはただ絵本を楽しんでほしくて読み聞かせをしているだけですから、それ以上のことを求められてもねえ・・・・・・。
[PR]

by yuraliya | 2005-10-20 23:37 | 絵本・読み聞かせ

秋の鼻炎

ここ数日沖縄も秋らしい気候になりました。
そのせいか、鼻炎がひどくなって今日は一日中大変でした。
ソフトバンクはまたもやプレーオフで負けてしまうし、PTAの仕事は思うようにはかどらないしで、ちょっと気分はブルーです。

学校の先生ってなんでこんなに忙しいんだろう?
月曜日締め切りの提出書類、今日になっても出してくれないし・・・・・・。
「ゆとり教育」なんて言っておきながら、全然ゆとりなんかないし。
本当に無事に童話・お話大会ができるのか、と~っても不安です。
こんなに日程に追われるなんて、何のための2学期制なんだろう?

今日は愚痴ってしまいました。
こんな日もある。
[PR]

by yuraliya | 2005-10-19 22:24 | 日々の出来事

今日の1冊

そらいろのたね
なかがわ りえこ作・おおむら ゆりこ絵 / 福音館書店
少し前に外で次男が何かの種を拾いました。
「何の種かな?」と聞く次男に「そらいろのたねみたいにおうちが出てくるんじゃない?」と答えてしまったのですが、ふと「あ、次男にはこの本読んでいなかった!」と気づきました。
長男が小さいときに気に入っていたこの本、その日家に帰ってから早速読みました。すぐに次男も気に入って、今日もまた夫に「読んで!」とせがんでいました。
そらいろのたねからそらいろのおうちが出てくるなんて、素敵な発想。子どもの心をくすぐるお話だと思います。
これからも何度も読んでいくことでしょう。
[PR]

by yuraliya | 2005-10-12 22:03 | 絵本・読み聞かせ

やんばるドライブ

a0025922_23282022.jpg今日はドライブ日和のいいお天気。
久しぶりにゆっくりできる休日だったので、やんばるまで遠出することにしました。
新聞にみかん狩り情報が載っていたので、まずは伊豆味へみかん狩りに。
案内所でみかん狩りができるところを尋ねると、おじさん(おじいさん?)が車で先導して連れて行ってくれました。
a0025922_23375384.jpg着いたところは、連れて行ってもらわなければわからないような山奥でした。
みかん山に入っていくと、ものすごい大音響でセミが鳴いていました。10月だというのに、さすが沖縄!よ~く探してみると、少し小さめで羽が透き通ったセミがたくさんいました。
汗がだらだらと流れるくらい暑かったのですが、初めてのみかん狩りではりきった子どもたち。つぎからつぎへと取っていき、なんと8キロものみかんを持って帰ることになりました(^^;)
山の中にはセミだけではなく、バッタやチョウなどたくさんの昆虫がいて、自然を満喫できました。

a0025922_23424275.jpg今年開通したばかりの古宇利大橋を渡りました。橋の下にはエメラルドグリーンの海が広がっていて、あまりの美しさに子どもたちも歓声を上げていました。屋我地島から古宇利島までまっすぐに伸びる橋は、夢の架け橋のように見えましたが、今後島の人たちの生活にどのような影響をあたえるのでしょう?島の人たちがよかったと思えるよう、島外から訪れる人が、島を汚さないように気をつけていかなければならないと思いました。
古宇利島は小さな島で、島を1周しても車で10分ほど。食堂に入って沖縄そばを食べましたが、そのお店は食堂兼雑貨屋で、食料から洗剤までいろいろなものが少しずつ並んでいました。
a0025922_23513423.jpg食堂近くの漁港で記念撮影。波が来ることを予期していなかった子どもたち。すぐに靴がびっしょりになってしまいました。おまけに次男は滑って転んで全身ずぶぬれ。ちょっとびっくりしていました。
とても楽しい休日でした。
[PR]

by yuraliya | 2005-10-10 23:27 | 沖縄