映画「あらしのよるに」

今日「あらしのよるに」を観に行きました。
率直な感想は・・・・・・
やっぱり絵本のほうがよかったです。
絵本の1巻から7巻までのお話が次から次に進んでいく感じで、絵本を読むときのように余韻にひたることができませんでした。それにちょっとガブがまぬけすぎて、絵本ですご~く感動した場面もいまいち・・・。やっぱりあべ弘士さんの絵がいいです。

いつも1日中おしゃべりしている次男。さすがに映画館でしゃべってはいけないことは分かっているようで、とても辛そうでした。
立ったり座ったり落ち着かない様子で、私をつついて振り向かせたり、ポップコーンを食べたりしてなんとか最後まで映画館の中にとどまっていました。
でも、終わってから「お母さん、『あらしのよるに』面白かったね」と言っていました(^^)
[PR]

by yuraliya | 2005-12-28 22:06 | 日々の出来事

クリスマス

メリークリスマス!子どもたちのところにサンタさんがやってきました。
次男は直前に欲しいものが変わってしまい、サンタさんはあわてて買い物に行きました。
長男はもう分かっている様子。喜び方が今までとは違っていました。
いつまで信じているふりをしてくれるのでしょうね。

毎年この時期ラジオで「ラジオチャリティミュージックソン」という24時間番組があります。
これは、目の見えない方のために音のなる信号機を贈ろうというキャンペーンで、全国で展開されています。
沖縄でのパーソナリティが、読み聞かせの会のメンバーの方で、去年と今年次男がファックスで激励の似顔絵(?)を送ったのです。
ラジオから「ありがとう♪」と呼びかけられてうれしそうにしていました。去年はなんでラジオで自分の名前を呼ばれているのか訳が分からない様子でしたが、今年はちゃんと聞いていました。
来年は会場に直接応援に行きたいな。
[PR]

by yuraliya | 2005-12-25 23:48 | こどものこと

クリスマスの絵本

ジェイクのクリスマス
葉 祥明作・リッキー ニノミヤ英訳 / 自由國民社
クリスマスイブに犬のジェイクのところにサンタのくにからリトルサンタがやってきました。
「プレゼントを持ってきてくれたの?」と喜ぶジェイクに「ジェイクからプレゼントをもらいにきたの」とリトルサンタ。
ジェイクがあふれるほど持っているもの――やさしさ、ゆうき、ほがらかさ、おおらかさ、愛
ジェイクの心でリトルサンタの袋はひかりでいっぱいになりました。
リトルサンタとジェイクは世界中の子どもたちにプレゼントを配りにでかけます。

優しいお話とやわらかい絵で心が温かくなる絵本です。
先日中学校の読み聞かせでも読みました。みんな真剣な眼差しで聞いてくれていました。

よるくまクリスマスのまえのよる
酒井 駒子 / 白泉社
クリスマスの前の日にママにいっぱいしかられたぼくのところにはサンタさんはこないかもしれない・・・と不安な気持ちで眠れない。
そんなぼくのところによるくまが遊びに来ました。
「よるくまはいいな。かわいくていいこだからサンタさんきっとくるもの」と言っても、よるくまはサンタさんを知りません。
ぼくはよるくまにサンタさんをしてあげようと思いました。すると、よるくまが欲しがったツリーの飾りの飛行機が突然動き出したのです。
ぼくとよるくまは夜の空へ――

いつもいつも「いい子にしていないとサンタさん来ないよ~」と脅しをかけている私。
子どもたちは不安になっているのかしら?・・・そんな素振りはないなあ。
絵本のラストにお母さんの『もうしんぱいなんかしないでね』というささやき。
どんなにしかられても、この絵本を見るとサンタさん来てくれるだろうなって思えるかも?
[PR]

by yuraliya | 2005-12-22 01:47 | 絵本・読み聞かせ

あかちゃんてねその2

こどもたちに「あかちゃんてね」を読みました。
長男は恥ずかしがるかな?冷めてるかな?なんて思っていたのですが、すごく素直に受け入れてくれました。次男は純粋に楽しんでいました。
生まれたばかりの赤ちゃんのおへそが黒いのを見て「なんで?」と不思議がっていました。
なので、子どもたちのへその緒を見せてあげました。そのとき産院でもらった「産声テープ」もでてきたので、それも一緒に聞きました。
二人のものを聞き比べると、長男はものすごく元気がよくて、次男はかわいらしい泣き方で、生まれたときからこんなに違うものなのかと改めて思いました。
その後次男が自分のアルバムを取り出してきたので、みんなでアルバムを見ることに。
絵本の中の写真と同じような構図があったりして、いろいろ話しながら見ていました。
後から帰ってきた夫が、「赤ちゃんのおへそってこんなになってるんだ!」と言ったのでびっくり@@
よく考えると、里帰り出産だったので、生まれた直後の子どもとあまり接していなかったのです。

1冊の絵本からこんなにも家族での会話が広がったのは初めてかもしれません。
星川さん、素敵な絵本をありがとうございます!
[PR]

by yuraliya | 2005-12-08 00:11 | 絵本・読み聞かせ

あかちゃんてね

生まれたての写真絵本へのトラックバックです。
あかちゃんてね
星川 ひろ子 星川 治雄 / 小学館
この絵本を見ると、赤ちゃんがいる生活から遠ざかってしまった私も、あの頃に戻れる気がしました。赤ちゃんのにおいや暖かさを思い出させてくれる絵本です。
そして、この本の文章は、赤ちゃんのお姉ちゃんが語るという形式なのですが、うちの長男もいろいろなことを感じながら弟の成長を見てきたのかな~と思いました。
子どもたちにも読み聞かせてみたいです。どんな反応かな?
[PR]

by yuraliya | 2005-12-06 15:42 | 絵本・読み聞かせ

本日の読み聞かせ

読み聞かせ日記といいつつなかなか絵本の話題がありませんね。反省しなくちゃ。

===今日家で読み聞かせした本は===
そらいろのたね
なかがわ りえこ作・ おおむら ゆりこ絵 / 福音館書店


ふぶきのあした
木村 裕一作・ あべ 弘士絵 / 講談社


テレビで映画「あらしのよるに」のPRをしていたので、「あらしのよるにシリーズ」を私が読んでいたら、長男が「この本の最後読んでない!」と言い出しました。「ちゃんと読んだよ!」と私。すっかり忘れてしまっていたようです。
ということで、「ふぶきのあした」を読みました。
映画では絵がかわいらしくてちょっとイメージが違うな~と思うのですが、ぜひ見に行ってみたいです。冬休みまでは行けないかな~。
続編の本も出ているようで、早速注文しました。楽しみ♪
[PR]

by yuraliya | 2005-12-02 23:16 | 絵本・読み聞かせ