今年も清明祭(シーミー)

a0025922_0265070.jpg夫の母方のお墓でシーミーが行なわれました。
昨日は雨でしたが、今日は夏のような晴天。墓地の周りはシーミーの人たちの車でいっぱいでした。
沖縄に住んでいる親戚はほとんど参加して、23名集まりました。
ここのお墓は夫の祖父の代からのものなのでこのくらいですが、先祖代々のお墓となると100名くらい集まったりするそうです。そういうところはお墓もびっくりするくらい大きいのです。

家に帰ってから夫が次男に「シーミーって何か分かる?」と尋ねると、「ごはん食べること!」と答えていました。
そこで、『ヌチヌグスージ』の絵本を読んでもらっていました。
シーミーとは「いのちをありがとう」とご先祖様に感謝するために行なっている伝統行事です。
[PR]

by yuraliya | 2006-04-30 21:25 | 沖縄

長男の新作

a0025922_0193541.jpg以前夫のおばから長男に、「おばちゃんにも何か作って!」とお願いされていたのですが、ようやく完成しました。
ようやくと言っても制作日数は2日。キットを買ってきて作るのですが、この頃は図の見方もだいぶ把握していて、最初にちょっと教えるだけでどんどん作っていきます。最後の仕上げの部分だけしか手伝っていません。
この集中力が他にも活かせたらいいのですが・・・(^^;)
[PR]

by yuraliya | 2006-04-30 20:18 | こどものこと

結婚記念日のお祝い

沖縄学―ウチナーンチュ丸裸
仲村 清司 / 新潮社
沖縄に移住した作者から見た沖縄の人の何なんだ!と感じた話が満載です。
私自身『ウチナー嫁』なので、なかなか共感できる話がたくさんありました。
ただし、みんながそうとは限りません。

今日は子どもたちを夫の実家にお願いして、この本の作者仲村清司さんのお店「くーすBarカラカラ」に行ってきました。
子どもたちは初めておじいちゃんちにお泊りです。大丈夫かな?
結婚して以来お洒落なお店とはすっかり縁がなくなっていましたが、今日はなかなか雰囲気を楽しめました。
お店に来ているお客さんはみんな知り合いなのか!というような感じで、これまた沖縄的な印象です。本土から沖縄に移住してきた人や沖縄リピーターの人もいました。
仲村清司さんも来ていました。写真で見るとおりの方でした。
来年の結婚記念日はどこに行こうかな?
[PR]

by yuraliya | 2006-04-30 01:15 | 沖縄

学校での読み聞かせ・2年生(4/24)

今日は読み聞かせに入るクラスが決まっていなかったので、空いているところに入りました。
教室に入るのが遅くなったのでちょっと子どもたちがざわざわしていました。
先週4年生に読んだ本と同じものを読んだのですが、「ヌチヌグスージ」は4年生よりも反応が大きかったのですが、「このよでいちばんはやいのは」は2年生にはちょっと難しかったようで、途中から集中力が途切れてしまいました。
今日はちょっと反省の多い読み聞かせでした。
[PR]

by yuraliya | 2006-04-24 14:02 | 絵本・読み聞かせ

子ども読書の日

4月23日は「子ども読書の日」ということをご存知でしたか?
沖縄県教育委員会主催で『子どもの読書活動推進フォーラム』というものが開催されました。
読み聞かせサークルのメンバーがその委員の一人である関係で、読み聞かせの実演依頼があり行ってきました。

県立武道館という大きな会場で行なわれたのですが、セレモニーでは高校生が司会進行を行い、代表あいさつや、子どもの読書推進アピールも子どもたちがしていたのですが、発言内容も発表態度も素晴らしく、最近の子どもたちは大舞台でも物怖じせずしっかりしているな~と感心しました。
末吉暁子さんの講演や、分科会での意見交換、読み聞かせの実演などで、あっという間に夕方になりました。
1日中次男を付き合わせてしまいましたが、たくさんのお話を聞けてまあ満足していました。

せんたくかあちゃん
さとう わきこ / 福音館書店

わたしたちの実演は、2階の分かりにくい部屋でだったせいかあまり人の入りがよくなく、呼び込みで何とか人が集まってくれたという感じでした。
でも、3歳の女の子がすぐ近くまで来て食い入るように絵本に集中している姿が、とてもかわいらしくこちらもやりがいがありました。
今回は絵本や紙芝居だけの実演で、私は『せんたくかあちゃん』の大型絵本を読みました。
この絵本、大型だとなかなか迫力があります。
聴衆に大人のほうが多いというのは残念でしたが、主催者側も初めてのイベントだったのでまあ仕方のないことかもしれません。
[PR]

by yuraliya | 2006-04-23 20:41 | 絵本・読み聞かせ

家庭訪問

a0025922_1413355.jpg今日は長男の家庭訪問。
先生に食べていただこうと、長男が「ヨーグルトゼリー&いちごソース」を作りました。
他のお母さんに聞くと、去年は初めて担任を持たれたそうで、家庭訪問のときとても緊張されていたそうですが、今年はすっかり慣れていらっしゃるようでした。
PTA活動で以前から知っている先生なので、私もお話しやすかったです。
長男は相変わらず親が一緒だともじもじするのですが、学校では元気にやっているようです。
家でももう少ししっかりしてくれるといいのですが・・・(^_^;)
[PR]

by yuraliya | 2006-04-21 22:40 | こどものこと

今日読んだ絵本

いたずらきかんしゃちゅうちゅう
バージニア・リー・バートン作  むらおか はなこ訳 / 福音館書店
今日は次男の家庭訪問がありました。
本好きの彼ですが、意外にも幼稚園ではあまり絵本は見ていないようです。
今はいろいろな遊びに夢中なのかもしれません。
最近はままごと遊びがお気に入りとのことです。
女の子とおしゃべりしながら遊ぶのが楽しいのかな?

久しぶりに「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」を読みました。
うちの子どもたちは、ちゅうちゅうのようにどこかに冒険に行こうとするタイプではないのですが、絵本の中では冒険を楽しんでいるようです。
「どんな自分にもなれる」というのが絵本の魅力の1つなのかもしれませんね。
[PR]

by yuraliya | 2006-04-20 23:31 | 絵本・読み聞かせ

少子化?

次男の通う幼稚園。
あるお母さん「うちは年子で3人なのよ」・・・え?そんなことありえるの?
と驚いていたら、別のお母さんは年子で5人とのこと!
それって、ずっと妊婦だったってこと?
少子化という言葉が無縁の世界もあるようです。
[PR]

by yuraliya | 2006-04-18 22:56 | 日々の出来事

学校での読み聞かせ(4/17)・4年生

沖縄では今「清明祭(シーミー)」の季節なので、今日はこの本を選んでみました。

いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」
草場 一寿 平安座 資尚 / サンマーク出版
以前NHK教育テレビの『テレビ絵本』でも紹介されていました。
4月になるとあちこちのお墓で親戚があつまって、ピクニックのように重箱料理を食べたり、お酒を飲んだりしています。
今日子どもたちに聞いたら、3分の1くらいの子がもうシーミーに行ったと言っていました。
ご先祖様に命をもらったことを感謝する気持ち、ひとりひとりが大切なんだということを分かりやすく語っている本です。
みんな楽しんで聞いてくれました。

もう1冊は
「このよでいちばんはやいのは」(かがくのとも445号)
ロバート・フローマン原作/天野祐吉翻案/あべ弘士絵(福音館書店)
かがくのともらしく、いろいろなものの速さを比べながらお話が展開していきます。
最初は人間と動物の速さ比べ。それから魚、鳥、新幹線・・・などと進んでいきます。
音よりも地球の自転が速く、それよりも人間の作り出した人工衛星が速い・・・知りませんでした^^
宇宙の中で1番速いのは、ひかり。
でも、最後にこれよりも速いものは・・・と結ばれています。
好奇心旺盛な4年生はしっかりと興味を持って聞いてくれました。
[PR]

by yuraliya | 2006-04-17 23:17 | 絵本・読み聞かせ

今日読んだ絵本

よもぎだんご
さとう わきこ / 福音館書店

久しぶりに絵本の話題です。
今日次男が選んだ本は「よもぎだんご」。
おなじみばばばあちゃんのお料理シリーズです。
ばばばあちゃんが子どもたちと野草を取りにいくところから始まるのですが、この本を読むと、去年長男が参加していた「自然教室」を思い出します。
近くの公園で食べられる草をとってみんなで料理したのですが、そのとき「よもぎだんご」も作って食べました。

沖縄ではよもぎのことを「フーチバー」と言って、よく料理に使われます。
沖縄そばに入れたり、ジューシーと呼ばれる炊き込みご飯に入れたりします。
スーパーでも束になって売ってあり、いつも「こんなにたくさんはいらないんだけど・・・」と思っているのです。

明日は久しぶりに学校で読み聞かせだ!幼稚園に送った後間に合うかな?
[PR]

by yuraliya | 2006-04-16 23:59 | 絵本・読み聞かせ