学校での読み聞かせ・4年生(9/25)

4年生の他のクラスは何度か読み聞かせに行っていたのですが、このクラスは初めてでした。
元気な男の子が多いので、彼らが興味を持つ本を選びました。

「このよでいちばんはやいのは」(ロバート・フローマン 原作/天野祐吉 翻案/あべ弘士 絵)
「これはのみのぴこ」(谷川俊太郎 作/和田誠 絵)
「あらまっ!」(ケイト・ラム 文/エイドリアン・ジョンソン 絵/石津ちひろ 訳)

どの本もある程度展開が予想されるお話なのですが、1ページごとに「えーっ!」とか「でかい!」とかいろんな反応があって、賑やかな15分間でした。
最初は3~4名だけが前に出てきていたのですが、本を読み進めるに従って10名ほどに増えていました。
なかなかパワーのあるクラスで、担任の先生は大変だろうな~
と思ってしまいました(^^;)
[PR]

by yuraliya | 2006-09-25 11:50 | 絵本・読み聞かせ

台風お見舞い申し上げます

週末台風の心配をしていましたが、このあたりには被害をもたらさずに通過していきました。
ところが、めったに台風が来ることのない福岡の実家はかなりの被害があったようです。
風向きが悪く、周りの家はなんともなかったのに、実家だけ倉庫やトタンが飛んでしまいました。
怪我などはなかったので何よりですが。

皆様のところはいかがでしたか?
まだまだ台風シーズンです。
気をつけましょう!
[PR]

by yuraliya | 2006-09-19 12:45 | 日々の出来事

学校での読み聞かせ・4年生(9/11)

絵本 あおじゅごん
金城 明美 / 沖縄タイムス社
長男のクラスに入りました。4年生は今総合学習で環境問題を学習しているので、環境のことが出てくる本を選びました。
心の病気になったユイタがあおじゅごんに助けられ、そして今度は同じように心の病気になったあおじゅごんのおばあさまや、いつもイライラしている自分のお母さんの心をなぐさめていくというお話です。
しかし、人間が汚してしまった海で、あおじゅごんは死んでしまう・・・という悲しいラストがあるのです。
元気のいいクラスですがさすがに神妙に聞いていました。

時間があったので、2冊目は「5分で落語の読み聞かせ」の中から「めだま」というお話を読みました。
とても盛り上がっていました。
[PR]

by yuraliya | 2006-09-11 16:21 | 絵本・読み聞かせ

次男の借りてきた絵本

がんばる!たまごにいちゃん
あきやま ただし / 鈴木出版



「あひるのたまご」(さとうわきこ作・福音館書店)

今週は幼稚園で2冊借りられたようで、とてもよろこんでいました。

「がんばる!たまごにいちゃん」  最近人気のたまごにいちゃんのシリーズ2作目。やっと卵の殻から出ることができたたまごにいちゃんが、やっぱりおかあさんのそばがいいな・・・とちょっぴり弱気に。そんなとき友だちがいろいろと協力してくれる・・・というお話。
子どもっていきなりはおにいちゃんになれないんだよなあと感じさせられるお話です。長男も楽しそうに聞いていました。共感するものがあったのかな?


「あひるのたまご」は、以前講演会でさとうわきこさんがエピソードをお話されていたので、ぜひ読んでみたいと思っていました。
長野の自宅でいろんな動物を飼っていらっしゃるようで、その中から生まれた絵本だそうです。
ばばばあちゃんらしいオチもついています。

今日は私の誕生日でしたが、長男が熱を出しそれどころではありませんでした(T_T)
主人もすっかり忘れていたようです(^^;)
[PR]

by yuraliya | 2006-09-10 16:02 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・障害児学級(9/4)

夏休みも終わり、早速学校での読み聞かせもスタートです。
久しぶりなのでちょっとドキドキ!

せんろはつづく
竹下 文子 鈴木 まもる / 金の星社


てつたくんのじどうしゃ(渡辺茂男作・堀内誠一絵・福音館書店)
ばばばあちゃんのうみのおまつりどどんとせ(さとうわきこ作・こどものとも)

1冊目を読み終わって2冊目に入ると、ある子が突然奇声を発しながら教室を出ていこうとしました。
先生が引きとめてくれましたが、どうも1冊目の本をとても気に入ってくれたようで、次の本を読んだことが原因だったようです。
すぐに落ち着いて他の本も聞いてくれましたが、読み終わった後にお気に入りの本を渡すとギューっと本を抱きしめてくれました。
そこまで気に入ってもらえてうれしかったです♪
[PR]

by yuraliya | 2006-09-04 23:57 | 絵本・読み聞かせ