おうちでの読み聞かせ

「くさいむしかめむし」
かがくのとも459号/吉谷昭憲 作/福音館書店

私がカメムシ嫌いなのを知っていて、
わざと次男はこの本を選びます008.gif
何度も読まされて(?)慣れてしまったのですが、
次男が喜ぶので、嫌なふりをしています^^
[PR]

by yuraliya | 2011-01-28 14:35 | 絵本・読み聞かせ

待ちに待った!

バムとケロのもりのこや

島田 ゆか / 文溪堂



バムケロシリーズの最新刊、ゲットしました^^

おともだちが勢ぞろいしていて、楽しめました。
「かいちゃん」は今回も笑わせてくれます。

これだけ細かい絵を描くんだから、そんなに次々にとはいかないでしょうね。

でも、次回作を期待してしまいます。


アマゾンでは売り切れていたので、私は絵本ナビで買いました!
[PR]

by yuraliya | 2011-01-25 14:23 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・5年生(1/24)

うさぎのみみはなぜながい―メキシコ民話

北川 民次福音館書店


かえるをのんだ ととさん(こどものとも絵本) (こどものとも絵本)

日野 十成 / 福音館書店



初めて入るクラスでした。
5年生だけど、男の子たちはまだまだ幼さが残っていてかわいらしかったです。
10名くらいの男の子たちが前に出てきてくれて、1ページごとに反応していました。

どちらのお話も、動物を殺してしまったり、丸飲みにしたりと
昔話特有の残酷さがありますが、そういうことも含めて興味を示していました。

一人気になる子がいたんだよなぁ。
チームジャンパーから、バスケットボールをしている女の子なのですが、
1番前の席で爆睡!
おわりのあいさつの号令をかけられても、まったく気づいていませんでした。
「大丈夫?」と声をかけるとやっと起き上がりましたが、周りの子たちによると、
「いつもだよ」との反応。
夜更かししているのか、部活がハードなのかわかりませんが、
5年生でこの状況とは、これからが心配です。
[PR]

by yuraliya | 2011-01-25 14:19 | 絵本・読み聞かせ

おうちでの読み聞かせ

落語絵本 じゅげむ

川端 誠 クレヨンハウス



久しぶりに「じゅげむ」を読みました。
ちゃんとすらすらと言えてよかった^^

気がつくと、川端誠さんの落語絵本シリーズはずいぶん増えているのですね。
有名なものはかなり絵本化されているような気がします。
全部そろえることは難しいので、図書館で探してみよう。
[PR]

by yuraliya | 2011-01-21 00:22 | 絵本・読み聞かせ

晴天!

a0025922_9445100.jpg

この季節、珍しく2日続けて青空が見えました。
[PR]

by yuraliya | 2011-01-20 09:44

学校での読み聞かせ・特別支援学級(1/17)

十二支のはじまり (行事むかしむかし (十二支のはなし))

谷 真介 / 佼成出版社


めがねうさぎ (絵本のひろば 9)

せな けいこ / ポプラ社


ぼくのおじいちゃんのかお (幼児絵本シリーズ)

天野 祐吉 / 福音館書店



今年最初の読み聞かせ。
この時期によく読む「十二支のはじまり」を選びました。
特別支援学級の子どもたちは少人数ですが、いつも元気いっぱい。
動物の出てくるお話は好きなようで、「ぼくねずみがいい!」などと
いろいろなコメントをしてくれます^^

「今年はうさぎ年だからうさぎの本を読もうね」と「めがねうさぎ」を読みました。
おばけが出てくるので、季節的には夏なのかな・・・と思いましたが、
子どもたちはとても楽しんでくれました。

学校ではインフルエンザが流行しつつあるようで、
クラスによっては欠席が多いところもあります。
気をつけないといけませんね。


来週は読み聞かせの後に、熊澤南水さんと沖縄の落語家・北山亭めんそーれさんの
お話会に出かけることになりました。
楽しみ~♪
[PR]

by yuraliya | 2011-01-18 15:18 | 絵本・読み聞かせ

月曜日の朝に

a0025922_122980.jpg

冷たい雨が降るちょっと憂うつな月曜日の朝。

空にかかった大きな虹が心を明るくしてくれました(*^o^*)
[PR]

by yuraliya | 2011-01-17 12:02

おうちでの読み聞かせ

給食番長 (cub label)

よしなが こうたく / 長崎出版



年末年始に福岡に行っていたせいでしょうか。
「博多弁で読んで!」とこの本を選んできました。
考えてみると、一度も標準語で読んだことがないかも。
次男は標準語の文章を目で追っていました^^;
[PR]

by yuraliya | 2011-01-11 23:00 | 絵本・読み聞かせ

おうちでの読み聞かせ

うさぎのみみはなぜながい―メキシコ民話

北川 民次 福音館書店



「うさぎ年なので、うさぎの本にしよう」と声をかけたら、次男が選んだのはこの本。

1962年に発行されたメキシコ民話です。

むかしむかし、うさぎが神様のところへ出かけてお願いをしました。
「もりじゅうのけものをおつくりになったかみさま。わたくしにはこんなちっぽけなからだしかおさずけくださいませんでした・・・。わたくしをもっとおおきくしてください。」
そこで神様は、
「おまえがとらと、わにと、さるとをじぶんのてでころして、そのかわをもってきたらおまえのねがいをかなえてやろう」と言いました。
そしてうさぎは、いろんな知恵を使って、とらとわにとさるの皮を手に入れました。
さぁ、うさぎはその後どうなったでしょう・・・。

最近では、うさぎが登場するお話は、かわいいお話が多いですが、
「うさぎとかめ」やこのお話のように、昔はずるがしこい動物だと考えられていたのでしょうか。
[PR]

by yuraliya | 2011-01-10 22:44 | 絵本・読み聞かせ

おうちでの読み聞かせ

セロひきのゴーシュ (福音館創作童話シリーズ)

宮沢 賢治 / 福音館書店



今日は長編にチャレンジ。
口内炎ができていてちょっと辛いのですが、次男が、国語の教科書に紹介されているこの本がいいというので読みました。

長い間うちにある本ですが、もしかしたら私は初めて読んだかもしれません。
もっと前に読んでおけばよかった。
[PR]

by yuraliya | 2011-01-07 01:02 | 絵本・読み聞かせ