学校での読み聞かせ・3年生(3/12)

ねえ、どれが いい?

ジョン・バーニンガム / 評論社


ぼくがいっぱい (カラフルえほん)

いもと ようこ / 岩崎書店


しゃしんであそぼ1 しりとりあそび「しろとくろ」 (しゃしんであそぼ 1)

星川 ひろ子 / 小学館



1年生に入るものだと勘違いしていて、準備していた本を読むことができず、
会の蔵書の中から選んで読みました。

『ねぇどれがいい?』は子どもたちの大好きな参加型絵本。
低学年で読むととても盛り上がります。

いもとようこさんの絵は子どもたちもよく目にするようで、
「あ~、知ってる~」という反応だったので、
「『しゅくだい』とか『くまのこうちょうせんせい』のお話の人だよ」と
説明すると納得していました。

外の陽気に負けないくらい、心も暖かくなる時間を過ごすことができました。
[PR]

by yuraliya | 2013-03-12 17:47 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・6年生(3/5)

富士山うたごよみ (日本傑作絵本シリーズ)

俵 万智 / 福音館書店


ルピナスさん―小さなおばあさんのお話

バーバラ クーニー 掛川 恭子ほるぷ出版



私が6年生に入るのは今日が最後。
何を読もうか悩んだのですが、
やはりここは会の名前の由来となった「ルピナスさん」にしました。
ルピナスさんは世の中を美しくするために、ルピナスの種を村中に播きました。
私は、子どもたちの心に少しでもルピナスの種を播くことができているのでしょうか・・・。
1年生の時からしっかりとお話を聞けていた彼らが卒業するのかと思うと、
寂しい気持ちになりますが、希望に満ちた旅立ちを快く送り出したいです。
[PR]

by yuraliya | 2013-03-05 20:29 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・1年生(2/26)

おかあさんのパンツ〈2〉

山岡 ひかる / 絵本館


わにのバンポ (おはなし名作絵本 10)

大石 真 / ポプラ社


新装版 はるですよ ふくろうおばさん (講談社の創作絵本BEST SELECTION)

長 新太 / 講談社


富士山うたごよみ (日本傑作絵本シリーズ)

俵 万智 / 福音館書店



元気な元気な1年生。
3冊読んでチャイムが鳴ったけれど、「先生が来るまで読んで!!!」と、
お願いされました。
「お兄ちゃん達に読む本しかないよ~」と言っても
「見たい~!」と。
『ふじさんうたごよみ』を出したけれど、
思った通り全然聞かないので、全部は読まず、二十四節季の説明をしながら絵だけを見せました。
この本は絵を見るだけでも楽しめるので、それで満足していたようでした。

ヘルプで入る時は何年生に入るか分からないので、準備が大変です。
低学年の本を多く持っていないといけないですね。
[PR]

by yuraliya | 2013-03-02 00:09 | 絵本・読み聞かせ