学校での読み聞かせ・6年生(12/22)

ルピナスさん―小さなおばあさんのお話

バーバラ クーニー 掛川 恭子ほるぷ出版



今年最後の読み聞かせ。
クリスマスやお正月が近いけれど、
季節のお話ではなく、
私たちの読み聞かせボランティア「ルピナスの会」の名前の
由来となった本を選んでみました。

世の中を美しくするためのこと、できているかな・・・。
[PR]

by yuraliya | 2015-12-22 09:39 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・2年生(12/15)

いつもいっしょに

こんの ひとみ / 金の星社

しゃしんであそぼ3 しりとりあそび「ちゃいろ」 (しゃしんであそぼ 3)

星川 ひろ子 / 小学館


うんちっち

ステファニー ブレイク / あすなろ書房



まだそんなに寒くないのですが、
一応暦の上ではDecemberなので、あったかくなれるお話を選んでみました。
しかし、集中できていない男の子が3名程度・・・。
2冊目は参加型絵本にシフトチェンジ。
これが大当たり!しりとりあそびにしっかり反応してくれました(*^▽^*)
3冊目も笑える本がいいかなと思い、『うんちっち』を読みました。
一緒に「うんちっち~」と言ってくれる子多数。
楽しい時間を過ごすことができました!
[PR]

by yuraliya | 2015-12-15 22:01 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・4年生(12/8)

ふしぎなともだち

たじま ゆきひこ / くもん出版


みみかきめいじん (講談社の創作絵本)

かがくい ひろし / 講談社



12月3日から9日が障がい者週間なので、自閉症を取り扱った絵本を読みました。
意味不明な言葉を繰り返したり、突然教室を飛び出して行ったりする同級生のやっくんと
ぼくの心の交流は、読みながらも涙がこぼれそうになります。
子どもたちも真剣に聞いてくれました。

2冊目。12月ということで、クリスマスに関係するあの方が登場する絵本。
これは実際に見たほうが楽しめるので、多くは語りません。

まだまだ暑くてクリスマス気分とは程遠いのですが、
子どもたちが楽しいクリスマスを過ごせますように!
[PR]

by yuraliya | 2015-12-08 09:37 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・5年生(12/1)

タンタンタンゴはパパふたり

ジャスティン リチャードソン / ポット出版


月刊 かがくのとも 2008年10月号 ぞうとかぼちゃ

あべ弘士・さく / 福音館書店



今回初めて「タンタンタンゴはパパふたり」を読んでみました。
これは、ニューヨークのセントラルパーク動物園で実際にあったお話。
オスペンギンのロイとシロがカップルとなり、
卵を温め、子どもを育てていくストーリーです。
性的マイノリティの人たちとのお付き合いの中で、
「子どもの頃に、いろんな家族の作り方があるということを聞いておきたかった」
ということをしばしば耳にします。
5年生くらいなら理解できる子もいるんじゃないかと思い、読んでみました。
子どもたちは驚くこともなく、すんなりと受け止めている様子に見えました。

もしセクシャリテイについて悩んだ時に、思い出してくれるといいけどね。
[PR]

by yuraliya | 2015-12-01 17:56 | 絵本・読み聞かせ