学校での読み聞かせ・2年生(11/24)

ぼく、だんごむし

たかはし きよし / 福音館書店


こどものとも 2006年 11月号 [雑誌]

福音館書店



今日はかわいい2年生。
科学絵本に興味津々。
沖縄にはダンゴムシが少ないせいか、見たことがない子も結構います。
ダンゴムシの生態を、楽しく教えてくれる本なので、
子どもたちの反応も素晴らしい!

科学絵本を続けて読もうかとも思ったけれど、
低学年なので、2冊目は昔話にしました。
ちょっとおしゃべりしていた子も、話に引き込まれていったようです。
昔話のパターンである、「3度の繰り返し」は、
子どもたちを魅了するようですね。

1週間分のパワーをもらってきました。
[PR]

# by yuraliya | 2015-11-24 09:31 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・5年生(11/10)

ピンクがすきってきめないで (講談社の翻訳絵本)

ナタリー・オンス / 講談社


月刊 かがくのとも 2008年10月号 ぞうとかぼちゃ

あべ弘士・さく / 福音館書店


こどものとも 2006年 11月号 [雑誌]

福音館書店



「男らしく」「女らしく」ではなく「自分らしく」。
読む前に聞いてみました。
「男の子だから泣くな」って言われたことある人・・・なし
「女の子なんだからお手伝いしなさい」って言われたことある人・・・2~3人

今回はジェンダーに関する絵本を読んでみました。
うちは息子2人。男女の比較をすることなく子育てしてきました。
男女っていうより、それぞれの個性だよな~と思います。
子どもたちにちょっとでも伝わったかな。
[PR]

# by yuraliya | 2015-11-10 13:04 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・4年生(10/20)

しゃしんであそぼ3 しりとりあそび「ちゃいろ」 (しゃしんであそぼ 3)

星川 ひろ子 / 小学館


月刊 かがくのとも 2008年10月号 ぞうとかぼちゃ

あべ弘士・さく / 福音館書店


これはのみのぴこ

谷川 俊太郎 和田 誠サンリード



秋休み明け最初の読み聞かせは4年生。

元気のよさそうなクラスだったので、導入の本から入った方がいいかなと思い、
『しりとりあそび』から始めました。
さすが4年生!正答率が高かった(*^▽^*)

2冊目はハロウィンが近いので、かぼちゃのお話。
予想通りの反応でした。
かぼちゃが食べられなくなった~ということがなければいいんだけど。

5分ほど時間が余ったので、『これはのみのぴこ』。
先生がとても興味を持ってくださいました。

来週は何読もうかな?
[PR]

# by yuraliya | 2015-10-20 22:21 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・4年生(10/6)

ぼく、だんごむし

たかはし きよし / 福音館書店


ひゃくにんのおとうさん (こどものとも世界昔ばなしの旅2)

天野 祐吉 / 福音館書店


だいすき、でも、ひみつ (えほんのもり)

二宮 由紀子 / 文研出版



今日は元気な4年生。

なんか「ムシ」の本が読みたい気分だったので、
『ぼく、だんごむし』にしてみました。
沖縄ではあまりだんごむしを見かけないので、
「ダンゴムシ見たことある人?」って聞いても、
半分も手をあげませんでした。
ダンゴムシの生態がよくわかるお話で、
1つ1つに反応する男の子たちの様子がおかしくて、
心の中で笑っていました。

にぎやかな感じのクラスだったので、静かなお話よりも・・・
と思い2冊目を選択。
やはり男の子は大きく反応していました。

3冊目はちょっと変わった「恋」のお話。
ストレートに反応する子、はにかんでいる子、いろいろでおもしろい。
「授業中ぼけ~ってしてたら、ばれるから気を付けてね!」って言うと
「いや、絶対ばれない」って自信を持って答える子がいました。

こんなやりとりが楽しいんだよね~って思いつつ、
ちょっと時間オーバーして教室を後にしました。
[PR]

# by yuraliya | 2015-10-06 11:03 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・2年生(9/15)

おいもをどうぞ!

柴野 民三 / ひかりのくに


あらまっ!

ケイト ラム Kate Lum Adrian Johnson 石津 ちひろ エイドリアン ジョンソン小学館


これはのみのぴこ

谷川 俊太郎 和田 誠サンリード


しゃしんであそぼ3 しりとりあそび「ちゃいろ」 (しゃしんであそぼ 3)

星川 ひろ子 / 小学館



今日は久しぶりの低学年。
こんなに反応してくれてありがとう♪

暑い沖縄でも少しは秋の気配を感じる今日この頃、
「おいもをどうぞ」を読んでみました。
動物たちの優しい心づかいを、子どもたちは嬉しそうに聞いていました。
優しい気持ちになれる1冊です。

「これはのみのぴこ」も今までで1番うけてくれていました。
あまりにも読むのが楽しくて、4冊も読んでしまった。

読書の秋、食欲の秋、芸術の秋・・・全部楽しみたいですね。
[PR]

# by yuraliya | 2015-09-15 18:16 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・6年生(9/8)

花さき山 (ものがたり絵本20)

斎藤 隆介 / 岩崎書店


これはのみのぴこ

谷川 俊太郎 和田 誠サンリード



夏休みに学校建て替えのためにプレハブ校舎に引っ越しましたが、
新しい教室でも子どもたちは元気に過ごしていました。

6年生ですが、担任の先生の声掛けで、
机を後ろに寄せてみんな前に座って聞いてくれました。
大きい子がいっぱい近くにいると、新鮮でした。

6年生でも「オッパイ」には反応するのですね。
かわいい(≧▽≦)

読み聞かせには新しいメンバーが増えていて、
OBの私はどんどん年上の部類に入っていく・・・。
くじけずに頑張ろう!
[PR]

# by yuraliya | 2015-09-08 18:27 | 絵本・読み聞かせ

今日も月がきれい

a0025922_22102599.jpg



夏休み中は読み聞かせもなく、寂しい日々。

夜、空を見上げると美しい月。
[PR]

# by yuraliya | 2015-08-03 22:12 | 日々の出来事

台風の日は読書

あれはだれの歌―やなせたかし詩とメルヘンの世界

やなせ たかし / 瑞雲舎



台風で1日家にこもっていたので、少し読書しました。

この本の中にある『チリンの鈴』。
かわいらしい羊のイラストから、ほのぼのとしたお話を想像していましたが、
読み進めていくとどんどん切なくてやるせない気持ちになりました。
きっと出会うべくして出会った本なんじゃないかな。
『生きる方向を誤るな』って言われてる気がした。
[PR]

# by yuraliya | 2015-07-11 00:20 | 読書

学校での読み聞かせ・6年生(6/9)

もっとおおきな たいほうを (こどものとも絵本)

二見正直 / 福音館書店


せかいでいちばんつよい国

デビッド・マッキー なかがわ ちひろ光村教育図書



毎年6月は慰霊の日があるので、平和を考える本を読んでいます。

今日は6年生でしたが、びっくりするほど反応が素直で、
絵本を見る目がキラキラしているし、口が開いてる子もいるし・・・。
いや~、かわいかった(*^▽^*)

子どもたちの心に、平和のたねが届いていますように。
[PR]

# by yuraliya | 2015-06-09 10:25 | 絵本・読み聞かせ

5月に読んだ本

しばらく読書から遠ざかっていたけれど、少し落ち着いたので本を手に取る余裕ができた。

2015年5月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:1366ページ
ナイス数:13ナイス

今夜は眠れない (角川文庫)今夜は眠れない (角川文庫)感想
一気に読めるサスペンス。今の時代では成り立たないトリック。主人公は、思春期の子どもとは思えない落ち着きですね。
読了日:5月29日 著者:宮部みゆき
からだノート: 中学生の相談箱からだノート: 中学生の相談箱感想
子どもたちの「性」に対する疑問に、ストレートに分かりやすく答える本。大人でもなるほど~と思えることもある。
読了日:5月28日 著者:徳永桂子
難民高校生----絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル難民高校生----絶望社会を生き抜く「私たち」のリアル感想
危険に近づく女子高校生が悪いんでしょとか言う人も多いけれど、すき好んでそんなところに足を踏み入れる子はあまりいない。きちんと支えてくれる大人との出会いが運命の分かれ道なのかなぁ。貧困がからんでくると問題はもっと複雑になる。いろいろと考えさせられる本でした。
読了日:5月25日 著者:仁藤夢乃
おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VIII 地図のない旅 (JUMP j BOOKS)おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VIII 地図のない旅 (JUMP j BOOKS)感想
そろそろみんな幸せになって欲しいんですが。
読了日:5月18日 著者:村山由佳
悲しみは、きっと乗り越えられる悲しみは、きっと乗り越えられる感想
グリーフケアのことが知りたくて図書館で借りましたが、 この本を読んでも、悲しみを乗り越える力は得られないかな・・・。 「こんな人はだめだ」という話が多くて、残念。
読了日:5月16日 著者:高木慶子
これから、いつも、一緒だよ。 大切な人と別れる時にこれから、いつも、一緒だよ。 大切な人と別れる時に感想
ちょっと救われた。
読了日:5月15日 著者:中谷彰宏
ヒヨドリのピピのおはなしヒヨドリのピピのおはなし感想
一歩踏み出す勇気を伝えらえるお話。降矢ななさんの絵は、やっぱりいいなぁ。

読了日:5月14日 著者:松野正子
いのちのまつり かがやいてるいのちのまつり かがやいてる感想
「いのちのまつり」シリーズ。子どもたちの自己肯定感を育てなくてはいけませんね。
読了日:5月14日 著者:草場一壽
死んだらいけない死んだらいけない感想
戦争とは人を殺す行為。
読了日:5月14日 著者:石川文洋
戦争のつくりかた戦争のつくりかた感想
10年以上前に書かれたこの本のような国になりつつある。
読了日:5月3日 著者:りぼん・ぷろじぇくと
井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法 (シリーズ 子どもたちの未来のために)井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法 (シリーズ 子どもたちの未来のために)感想
今だからこそ、ちゃんと読んでおきたい。 子どもたちを戦争に行かせたくない。 理不尽に人が亡くなっていいわけはない。 戦争を始めることを決める人たちは、そんなこと考えないのかな。
読了日:5月3日 著者:井上ひさし

読書メーター

[PR]

# by yuraliya | 2015-06-04 16:00 | 読書