那覇空港

a0025922_18242560.jpg

今から所用で福岡へ
[PR]

# by yuraliya | 2014-09-22 18:24

学校での読み聞かせ・1年生(9/16)

しゃしんであそぼ2 しりとりあそび「あか・みどり・き」 (しゃしんであそぼ 2)

星川 ひろ子 / 小学館


歯がぬけた (わたしのえほん)

中川 ひろたか / PHP研究所


給食番長 (cub label)

よしなが こうたく / 長崎出版



「しりとりあそび」も「歯がぬけた」も子どもたちの受け答えが面白い(*^▽^*)

「赤とみどりと黄色のものでしりとりしようね~」と言っているのに、
帰って来る答えは「パンダ」とか「たぬき」とか「プリン」とか・・・。
「ン」で終わったらしりとりおしまいだよ~(≧▽≦)

「歯がぬけた」を読んでいると、みんな歯がぬけているので(沖縄ではハーモーと言います)、
いろいろ体験談を語ってくれます。
「抜けたところにごはんを詰めてみた」とか
「抜けたところからソーメンをすすった」とか・・・。
全部聞いてみたかったけど、本を読めないのでほどほどに切り上げました。

「給食番長」は今週も博多弁で読んでみたけど、子どもたち呆然としていました。
ちょっと難しかったかなぁ。

今日も楽しかった♪
[PR]

# by yuraliya | 2014-09-16 23:35 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・2年生(9/9)

うえきばちです

川端 誠 / BL出版


給食番長 (cub label)

よしなが こうたく / 長崎出版


いのちのまつり つながってる!

草場 一壽 / サンマーク出版



2年生は朝から元気いっぱい。
みんな前に出てきてくれて、キラキラした瞳で絵本に注目してくれました。

まずは『うえきばちです』を読んで、クラスを一体化。
読んだことがある子も多く、展開はわかっているはずですが、
1ページごとに盛り上がる。
読み聞かせの醍醐味を味わいました。

2冊目『給食番長』を博多弁バージョンで。
去年1年2組だった子が「この本、去年教室にあったよ~」と
いろいろ説明してくれました。
おなじみの本なので、博多弁でも中身は伝わっていました。

3冊目はしりとりにしようかと思ったのですが、
子どもたちのリクエストで「いのちのまつり つながってる」にしました。

始まるときは眠そうな子もいたのでちょっと心配でしたが、
終わるころには笑顔いっぱいになっていたのでよかったです(*^▽^*)
[PR]

# by yuraliya | 2014-09-10 13:34 | 絵本・読み聞かせ

とっても久しぶりに学校で読み聞かせ・6年生(9/2)

いのちのまつり つながってる!

草場 一壽 / サンマーク出版


だいすき、でも、ひみつ (えほんのもり)

二宮 由紀子 / 文研出版


絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日 (講談社の創作絵本)

内田 美智子 / 講談社



夏休みが終わり、とても久しぶりの読み聞かせです。
今年は初めて6年生に入るので、ちょっとドキドキでしたが、
みんなしっかり絵本を目と耳で楽しんでくれました。

「いのちのまつり つながっている」は、みんなお母さんとへその緒でつながっていたんだよ…っていうお話。
6年生だったら知っているとは思いますが、みんな真剣なまなざしで聞いてくれました。

「だいすき、でも、ひみつ」 やっと6年生で読めた(*^▽^*)
「恋」のお話をどんな表情で聞くのか楽しみだったのです。
男の子も女の子もはにかんだような笑顔、かわいかった♪

6年生への読み聞かせは2冊でおしまい。

PTA室に戻ると「この本、博多弁だから、読んでほしい」とメンバーに依頼され、
ちょっと素読したら、「ヤバい・・・・」。
これは読むのがつらい感動のお話。
実際は博多弁ではなく、たぶん熊本弁なのですが、
そこはまぁ、許容範囲として、皆さんの前で読みました。

食肉加工センターで働く坂本さんの、命を「解く」仕事にへの葛藤。
そんな父の仕事を、「大切な仕事」として理解する息子。
生まれてきた時から一緒に大きくなった牛のみいちゃんとお別れしないといけない女の子。

久しぶりの心が熱くなるお話でした。
涙をこらえて最後まで読みました。みんな泣いていたけど・・・。

素敵な本を紹介してくれたメンバーへ感謝です。
[PR]

# by yuraliya | 2014-09-02 20:54 | 絵本・読み聞かせ

熊澤南水朗読夢舞台

今年もまた熊澤南水さんの朗読夢舞台を見てきました。

今回は最初に、沖縄可否の会の花城千恵子さんが
「片葉の芦」(宮部みゆき作)を演じました。
40分くらいあるお話を、台本を見ずにひとりで演じ、
登場人物に合わせて声を変え、
作品の世界に引き込まれました。

南水さんは『梅咲きぬ』(山本周五郎作)。
少女からおじさんまで、南水さんが演じる人は、
どれも魅力的です。

ここ3か月いろいろと忙しくしていたので、
かなり癒されたました。

来年は沖縄10周年だそうです。
何があるかな・・・・今から楽しみです。
[PR]

# by yuraliya | 2014-07-07 03:03 | おでかけ

学校での読み聞かせ・3年生(6/17)

へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)

浜田 桂子 / 童心社


せかいでいちばんつよい国

デビッド・マッキー なかがわ ちひろ光村教育図書


しゃしんであそぼ2 しりとりあそび「あか・みどり・き」 (しゃしんであそぼ 2)

星川 ひろ子 星川治雄/ 小学館



6月の読み聞かせは今日が最後。
来週の慰霊の日に合わせて、
平和に関する本を2冊読みました。

顔見知りの子がいて、
「その本、去年も読んだよ!」と。
覚えていてくれたんだ~(*'▽')
この時期にいつも読んでいるけど、
何年生で読んだのかチェックしていなかった。

でも、ちゃんと聞いてくれていました。

学校の都合で、今年は読み聞かせが少ないな・・・。
ちょっとさびしい。
[PR]

# by yuraliya | 2014-06-17 20:48 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・1年生(6/3)

しゃしんであそぼ1 しりとりあそび「しろとくろ」 (しゃしんであそぼ 1)

星川 ひろ子 / 小学館


うんちっち

ステファニー ブレイク / あすなろ書房


もっとおおきな たいほうを (こどものとも絵本)

二見正直 / 福音館書店


しゃしんであそぼ2 しりとりあそび「あか・みどり・き」 (しゃしんであそぼ 2)

星川 ひろ子 / 小学館



先月も入った1年生のクラス。
みんな覚えていてくれました!
読んだ本まで覚えていてくれて感動です(*^_^*)

1ねんせいは『しりとりあそび』でとても盛り上がります。
導入で1冊、最後に時間があったのでもう1冊読みました。

『うんちっち』はうんちが出てくるお話ではありませんが、
言葉の響きに子どもたちの反応は大きいです。

フランスで作られた絵本、原題は『カカ ブーダン』。
「カカはうんちのこと。ブーダンは血の腸詰、ソーセージのことなんですね。
子どもがうんちのことをおもしろがって言うときの言葉だったりします。」
と翻訳者のふしみみさをさんは絵本ナビで語っています。

どこの国でもこういうお話は子どもが喜ぶのでしょうね。

今年ももう6月です。
6月は平和を考える絵本を1冊は読むように考えています。
ここのところ低学年には『もっとおおきなたいほうを』を読むことが多いです。
ストレートに訴えているお話ではないけれど、この絵本の意味するところを
いつか理解してくれたらいいな・・・と思っています。

次回は3年生。何を読もうかな・・・
[PR]

# by yuraliya | 2014-06-05 18:19 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・1年生(6/3)

しゃしんであそぼ1 しりとりあそび「しろとくろ」 (しゃしんであそぼ 1)

星川 ひろ子 / 小学館


うんちっち

ステファニー ブレイク / あすなろ書房


もっとおおきな たいほうを (こどものとも絵本)

二見正直 / 福音館書店


しゃしんであそぼ2 しりとりあそび「あか・みどり・き」 (しゃしんであそぼ 2)

星川 ひろ子 / 小学館



先月も入った1年生のクラス。
みんな覚えていてくれました!
読んだ本まで覚えていてくれて感動です(*^_^*)

1ねんせいは『しりとりあそび』でとても盛り上がります。
導入で1冊、最後に時間があったのでもう1冊読みました。

『うんちっち』はうんちが出てくるお話ではありませんが、
言葉の響きに子どもたちの反応は大きいです。

フランスで作られた絵本、原題は『カカ ブーダン』。
「カカはうんちのこと。ブーダンは血の腸詰、ソーセージのことなんですね。
子どもがうんちのことをおもしろがって言うときの言葉だったりします。」
と翻訳者のふしみみさをさんは絵本ナビで語っています。

どこの国でもこういうお話は子どもが喜ぶのでしょうね。

今年ももう6月です。
6月は平和を考える絵本を1冊は読むように考えています。
ここのところ低学年には『もっとおおきなたいほうを』を読むことが多いです。
ストレートに訴えているお話ではないけれど、この絵本の意味するところを
いつか理解してくれたらいいな・・・と思っています。

次回は3年生。何を読もうかな・・・
[PR]

# by yuraliya | 2014-06-05 18:18 | 絵本・読み聞かせ

学校での読み聞かせ・2年生(5/27)

a0025922_2162133.jpg



しゃしんであそぼ1 しりとりあそび「しろとくろ」 (しゃしんであそぼ 1)

星川 ひろ子 星川治雄/ 小学館


バスガエル

戸田 和代・作 / 佼成出版社


だいすき、でも、ひみつ (えほんのもり)

二宮 由紀子 文 村上康成 絵/ 文研出版



今日は2年生。
1年生よりはちょっとお兄ちゃん、お姉ちゃんになっている感じです。

最初は『しりとりあそび』から。
「知ってる~」という子がちらほらいたわりには、
なかなか正解しない。
みんなでわいわいと楽しい時間を過ごしました。

『バスガエル』は初めて読む絵本。
インパクトのある絵に引き付けられているようでした。

一目ぼれして買った『だいすき、でも、ひみつ』。
2年生に読むかどうかとても悩んだのですが、
やはり「恋」のお話は2年生には早すぎたようで、
きょとんとしていました(^^ゞ
高学年や中学生に読むといいかも。
[PR]

# by yuraliya | 2014-05-28 21:14 | 絵本・読み聞かせ

今年度最初の読み聞かせは1年生!(5/20)

すっぽんぽんのすけ (たんぽぽえほんシリーズ)

もとした いづみ / 鈴木出版


おかし・な・ごはん (日本の絵本)

山岡 ひかる / 偕成社



いよいよ今年度の読み聞かせが始まりました。
今日は1年生のクラス。
元気いっぱいの1年生ですが、
話を聞く態度の素晴らしさに、感動しました(●^o^●)

1冊目はインパクトを重視し、
『すっぽんぽんのすけ』の大型絵本にしました。
最初恥ずかしそうに見ていた女の子も、
すぐに一緒に大笑い。
みんなで楽しめて良かった♪

2冊目は、思ったよりも長いお話でしたが、
聴き上手の1年生は、しっかり最後まで集中していました。

これから6年間、たくさんの本と出合ってね!
[PR]

# by yuraliya | 2014-05-21 01:32 | 絵本・読み聞かせ